リピ率高し!!

12にんのいちにち

12にんのいちにち 同じ町に住む12人の一日を2時間おきに描いた絵本。 12人(ライオン・銅像含む)それぞれの1日をパラパラ漫画みたいに通して見たり、時間帯ごとにそれぞれの過ごし方を比べてみたり。 ページ下に描かれた通りの絵にも小ネタ満載!巻末…

きんぎょのおつかい

きんぎょのおつかい 与謝野晶子さんが童話を書いていたとは知らなかった! 三匹の金魚が電車に乗って新宿から御茶ノ水までおつかいに行くお話。 フィクションだから、金魚たちがどんな風におつかいするのかとワクワクしながら読み進むと・・・、フツーに水が…

ごきげんいかが がちょうおくさん

ごきげんいかが がちょうおくさん (世界傑作童話シリーズ) がちょうおくさんの天然キャラがとっても楽しい本。 一人読み入門にぴったりですが、思いのほか深い内容で大人が読んでも感じるものが多々あります。 親子で読み聞かせが一番いいかも!

むしのほん

むしのほん エドワード・ゴーリー氏の5冊目の絵本。 ゴーリー氏にしては珍しいカラフルでなかなかに愛らしい虫たちのお話。 でも、この本をクリスマスのギフト用に作るって…、ないわー! さすが、ゴーリー。としか言いようがない。 訳者のあとがきがとても…

三姉妹探偵団

三姉妹探偵団 (講談社文庫) 小4娘がドはまりのシリーズ。 30年以上前に出版された赤川次郎さんの作品が、ラノベみたいな今どきの表紙になっていた。 表紙の絵がツボって手にした娘。こんなに夢中になるとは予想外! 内容はそのままなのでアナログ&昭和な…

あま〜いしろくま

あま~いしろくま (PHPにこにこえほん) おやつが大好きなしろくまくんのおやつ愛がスゴイ絵本。 カラフルな絵がとにかくカワイイ! ページをめくるたびに、とっても幸せな気分になれますよ。

モーゼスおばあさんの四季

モーゼスおばあさんの四季―絵と自伝でたどるモーゼスおばあさんの世界 20世紀にアメリカで最も愛された画家、グランマ・モーゼスの自伝と作品をまとめた絵本。 モーゼスおばあさんの絵が見つけ出されて世に出た時、おばあさんはすでに79歳。 日々の暮ら…

この世界いっぱい

この世界いっぱい 大きめサイズの見開きいっぱいに描かれた絵が本当に素晴らしい絵本。 豊かな自然と大切な人たちがこの世界にいっぱい! ページをめくるたびにいろんなことを感じさせてくれます。 残念ながら日本語訳が私にはしっくりこなかったので、この…

空からのぞいた桃太郎

空からのぞいた桃太郎 勧善懲悪モノに修正されていない本来の(?)『桃太郎』をそのまま俯瞰図で描いた絵本。 修正済みの桃太郎と一緒に読むと面白い。 全ページ俯瞰図にこだわらなくてもいいような気もするが、これはこれで、ドローンの空撮みたいで面白い…

おはなをあげる

おはなをあげる (ポプラせかいの絵本) 字のない絵本ですが、しっかりとしたストーリーがあり、たくさんのことを感じさせてくれます。 女の子の表情がなんとも言えずいい! 読み手の想像力を掻き立てる絵がとっても素敵な絵本です。

ちゃいろいつつみ紙のはなし

ちゃいろいつつみ紙のはなし (世界傑作童話シリーズ) 表紙のイメージそのままの、素朴でお洒落であったかい絵本。 包みを大切に剥がして、包装紙をいろんなことに使っていた子どもの頃を思い出しました。あの頃は、心のゆとりがあったな~、物を大切にしてい…

こうえん

こうえん 見開き2ページに1つの詩が描かれた、とってもステキな詩集絵本。 クスッとしたり、ドキッとしたり、グッときたり、ほんわかしたり。 ちょっと大人な目線に早熟な子はハマりそう。 どこにでも見られる光景が新鮮に見えてきますよ!

火曜日のごちそうはヒキガエル

火曜日のごちそうはヒキガエル―ヒキガエルとんだ大冒険〈1〉 (児童図書館・文学の部屋) 冬眠を中断して真冬の森へ飛び出したヒキガエル。 ミミズクに捕まってしまい、命のカウントダウンがスタート! ハラハラ・ドキドキの展開と楽しいティータイムのコント…

ねこのさら

野村たかあきさんの落語絵本。 田舎の店先で、みずぼらしい猫が餌を食べているお皿がものすごく高価な皿だと見抜いた道具屋が、お店の主人をだまして買い叩こうとするお話し。 お話しと絵が本当にピッタリで落語を知っている人でもすごく楽しめます。 オチは…

ぼく そらをさわってみたいんだ

ぼく そらをさわってみたいんだ (絵本・子どものくに) 精一杯、背伸びする猫ちゃんが可愛すぎる絵本。 一生懸命な猫ちゃんをお手伝いをしてくれる動物たちもいいし、ビックリ仰天の展開もいい。 縦開きの体裁も新鮮な絵本です。 ***小4娘の紹介文*** …

イヌのヒロシ

イヌのヒロシ (おはなしランド くじらの部屋) お人好しで穏やかなイヌのヒロシが語る短編集。 ヒロシはいろんなものの声が聞こえ、会話ができます。 身近なものから壮大なものまで、そのバリエーションがすごい! もしかしたら、うちのワンコもこんな経験を…

あたまをなくしたおとこ

あたまをなくしたおとこ 「あるあさ、おとこが おきたら、 あたまが なかった。」 表紙の絵と冒頭の一文だけでガッツリ本の世界に引き込まれます。 奇想天外なストーリーと巧みな言葉あそびが楽しい! ロバート・マックロスキーさんの描くモノクロの絵も雰囲…

さみしかった本

さみしかった本 やわらかい優しい絵と心温まるストーリーがとってもステキな絵本。 本好きさんなら、主人公の気持ちが、すごくよくわかりそう。 お家で静かに読んでほしい絵本です。 ***娘(小4)の紹介文*** ある日、図書館に新しい本が入荷されまし…

ねんねのおとがきこえるよ

ねんねのおとがきこえるよ エゾリス みんとちゃんの おはなし (コドモエ[kodomoe]のえほん) 家の中にあるいろいろなモノの眠る音。 想像力を描きたてる可愛くて楽しい絵本です。 身の回りにあるモノの ねんねのおと を聞いてみたくなりますよ。

すばこ

すばこ 巣箱って、野鳥を観察するための趣味的なものだと思っていたけれど…、 もともとは鳥を捕まえるための罠だったとか、 最初に巣箱を作ったドイツの男爵の森の話や巣箱が果たす役割など、初めて知る事がいっぱいの絵本。 洗練された優しい色あいの絵が味…

おじいちゃんのゆめのしま

おじいちゃんのゆめのしま (児童図書館・絵本の部屋) カラフルで可愛い絵がとっても素敵な絵本。 おじいちゃんと孫、二人きりの大冒険。 ページをめくるたびにワクワク! まさにユートピア! 想像力を掻き立てるラストは 読み手によって全く逆の印象になるん…

オリバーくん

オリバーくん (ほるぷ海外秀作絵本シリーズ 8) ふくろうのオリバーくんが、とにかくカワイイ~!!! しょっぱなからの掴みが最高! オチも最高! 遠目の効くキレイな絵は大勢への読み聞かせにもピッタリです。

かかし

かかし 家族を亡くし、ど田舎に一人で暮らすおじいさん。 自分の作ったかかしに語りかけているうちに、暮らしがどんどん変わっていくお話し。 美しい自然とおじいさんの心の変化がピーターシスさんの絵で素晴らしく表現されています。 擬人化された大切なも…

珍獣の医学

珍獣の医学 小4の娘が夢中で読んでいる本。 すごく熱くて面白い先生を通して、獣医という仕事の大変さがとってもよくわかります。 ペットを飼う事への責任についても深く考えさせられる素晴らしい本。 高学年のブックトークで紹介したいなぁ〜。 ***娘(…

だんごむしそらをとぶ

だんごむしそらをとぶ だんご虫の大冒険を松岡達英さんらしいリアルな絵で描いた絵本。 空を飛ぶための努力がなんともいじらしい〜! 空には空の危険がいっぱい! スリリングな展開で弱肉強食の世界も学べますよ。

宇宙のかけら

宇宙のかけら (ブルーバックスピース) かなーり専門的な宇宙の知識が、素敵な版画絵とやさしい解説ですごくわかりやすく書かれた本。 解ったような、解らないような…だった宇宙の知識がきちんと頭に入ってきます。 そして、最終章では涙が…。 これは、ヤバイ…

ひみつのプクプクハイム村

ひみつのプクプクハイム村 (講談社の翻訳絵本) 大好きな画家ミヒャエル・ゾーヴァさんが手がけた初めての創作絵本。 このタイトルにこの表紙。ものすごく心ときめかせて読み進めると・・・、 ん? え? ええぇ・・・? このお話しのために、この絵、描く~?…

チェロの木

チェロの木 長い長い年月をかけて育った木。 その木から作り出されたチェロという楽器。 その楽器を作る人。大切に奏で続ける人。 ゆったりとした大きな時の流れを感じるストーリーと いせひでこ さんの素晴らしい絵に震える。

ものすごくおおきなプリンのうえで

ものすごくおおきなプリンのうえで 食いしん坊の娘が小さい頃から好きだった絵本。 想像力がふくらむ愉快な展開にワクワクしていると・・・、 ラストはもの凄く現実的。 何とも言えない不思議な絵本です。 ***娘(小4)の紹介文*** ものすごくおおき…

ぱーおーぽのうた

ぱーおーぽのうた 生命力がみなぎる明るくダイナミックな絵と リズミカルな詩が素晴らしくマッチした絵本。 大きな声で読みたい絵本です。 遠目の効く(というか、ちょっと離れて観た方が迫力が伝わる)絵は 大勢への読み聞かせにもピッタリ!