読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数の悪魔

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜 お洒落でカワイイ絵がとってもステキな数の本。 数の不思議、数の魅力がつまった短編集です。 数学嫌いな私でも楽しくスラスラ読めました。 算数嫌いな主人公に共感する子は多そう。 この本を読んだからといって、テス…

どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと タンザニアの草原で、ヌーの子どもが、お母さんを殺して食べたライオンを訴えた。 いろんな動物の証言から浮かび上がる真実が目から鱗の絵本です。 自然界って、ものすごいバランスの上に成り立っているんだなぁ。 弱肉強…

パイルドライバー

パイルドライバー (fukkan.com) めちゃくちゃロックな絵本です。 えっちゃんが大好きなブンくんの切ない恋心。 世の中でいろんな事が起きても変わる事のない恋心。 まさか、こんな展開とは! えっちゃん、カッコええ〜!! 恋に目覚めた高学年への読み聞かせ…

名前のない人

名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集) 急行「北極号」で有名なクリス・ヴァン・オールズバーグ氏の作品。 光と色彩が美しい、映画みたいな絵本です。 ミステリアスな展開と何とも言えない読後の余韻。 いいわー。好きだわー。

博士の愛した数式

博士の愛した数式 (新潮文庫) ちょうど1年前、中学受験を終えた息子が小学校卒業の頃に読んでいた本。 私も再読。やっぱりすっごく面白い! レシートや車のナンバーなんかに興味を示す子は夢中で読んじゃいそう。 数式は美しく、数字ってあったかい。 数学が…

じゃがいも畑

じゃがいも畑 レトロでお洒落な表紙からは予想していなかった シビアな現実に目を向けさせられる絵本です。 貧しい母子家庭のお腹を空かせた子どもたちが、 お母さんが夜勤でいない満月の夜にしたことは・・・。 前半の疲れてやさぐれ気味のお母さんと 後半…

じがかけなかったライオンのおうさま

じがかけなかったライオンのおうさま インテリな雌ライオンに恋をしたライオンの王様。 字が書けない王様はラブレターの代筆を動物たちに頼みますが・・・。 何となく予想できる内容と「ちがーう!!」の繰り返しが楽しいです。 そして、所々にサラッと書か…

くまごろうのだいぼうけん

くまごろうのだいぼうけん 静かな森に住むくまごろう。 ひょっこり気球に乗り込んでしまい、大都会へ。 人間たちの先入観&勘違いで一躍有名人! スピード感のあるお話しに釘づけです。 カラフルでアートな絵もすっごくステキ。

おばあさんのしんぶん

おばあさんの しんぶん 出雲市長だった岩國哲人さんの少年時代を描いた絵本。 尽きることのない知的好奇心と それを支えてくれる人たちとの素晴らしい出会い。 恵まれ過ぎた今の子たちにぜひ読んで欲しい絵本です。 遠目の効く優しい絵は大勢への読み聞かせ…

はるにれ

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ) 北海道の大地に生きる はるにれの木を 四季を通じて撮り続けた字のない写真絵本です。 葉が落ちて、 幹と枝だけになった はるにれ の たくましさと美しさに感動。 見えないけれど、きっと地面の下でも 立派に根をはっている…

しんぞうとひげ-アフリカの民話

しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本) アフリカの民話をベースにした絵本です。 「おなかがへった、はらへった。 きのうもはらぺこ、きょうもはらぺこ。 たべたい、たべたい、たべたい、たべたい。」 セリフだけ読むと切なくなるけれど、 色鮮やかで力強い絵…

森の絵本

森の絵本 (講談社の創作絵本) 『空の絵本』のコンビが描いた森の絵本。 長田弘さんの言葉に荒井良二さんの絵がベストマッチ! 静かな山奥にトリップできますよ~。

地下鉄-Sound of colors

地下鉄 台湾発、世界中で人気上昇中の絵本作家ジミーさんの三部作・第3弾。 盲目の15歳の少女が地下鉄に乗って旅をするお話。 大胆かつ繊細&遊び心もある絵がとにかくステキな絵本です。 三部作の中で1番心に沁みました。 目は見えるけど、私にはちゃんと…

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 表紙のビジュアルにひかれて読みだしたら、止まらない~。 ドキドキ、ハラハラ&ゾクゾクするお話しがつまった短編集。 青い鳥文庫よりちょっと大人テイスト。 紅子さんの謎が多くて続きが気になる~!! 小3の娘もあっという間に読…

はまべには いしが いっぱい

はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本) 初日の出をみた海岸でも石遊びに夢中だった娘。 娘は物心ついたときから本当に石が好き。 いつもポケットに石がいっぱい! こちらは石好きでなくても、なぜか何度も手に取ってしまう、 レオ=レオニさんにして…

そらいろ男爵

そらいろ男爵 第一次世界大戦開始から100年目の2014年に フランスで出版された絵本。 戦争に駆り立てられた、空と本と平和を愛する そらいろ男爵がとった行動は・・・。 LOVE & PEACE 満載の絵本です。 お洒落で遠目の効く絵は高学年への読…

クリスマス人形のねがい

クリスマス人形のねがい (大型絵本) いくつもの願いと偶然がひき起こすクリスマスの奇跡。 3つのストーリーが同時進行するかなり長めのお話しなのですが、 バーバラ・クーニーさんの絵の力で年長さんくらいでも しっかり理解できると思います。 『人形の家…

中をそうぞうしてみよ

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本) 「ピタゴラスイッチ」チームが作った絵本です。 頭のやわらかい大人がつくる絵本は面白い! 想像力が広がります。

せかいいち大きな女の子のものがたり

せかいいち大きな女の子のものがたり 細部まで丁寧に書かれた迫力のある絵がとってもステキな絵本。 すこし長めのお話しですが、スケールの大きなスゴイ展開に 最後までグイグイと引き込まれます。 読後、特に女子はスカッとした気分になれますよ~。 最後の…

サンタへの手紙: DEAR SANTA

サンタへの手紙: DEAR SANTA 1870年から1920年にかけてアメリカの新聞社に集められた、 子どもたちからサンタクロースへの手紙集。 手紙だけでなく、サンタ伝説の起源や当時の時代背景など、 コラムが充実していてとっても面白い。 無邪気で欲張りな子からの…

うまやのクリスマス

うまやのクリスマス クリスマス前にぜひ読みたい絵本。 マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの言葉と バーバラ・クーニーさんの絵。 文句のつけようがありません。 イエス誕生の夜を描いた静かな静かな物語。 華やかで楽しいクリスマスもいいけれど、 クリス…

ぼうぼうあたま

ぼうぼうあたま―ちいさいこどものおもしろいはなしとおかしなえ (子どもの近くにいる人たちへ) 表紙の絵とタイトルとドイツの絵本ということで借りてみた絵本。 副題「ちいさい こども の おもしろい はなし と おかしな え」 って・・・、シュール過ぎるー…

すきになったら

すきになったら 繊細な絵がとっても素敵な絵本です。 誰かを好きになるって、まさにこんな感じ!! この気持ちがわかる小学生は なかなか、いないだろなぁ。 一番は〇〇、二番は△△、三番は… とかやってるようじゃね。

おおかみと石のスープ

オオカミと石のスープ 何とも言えず不気味な絵本。 絵もお話しも何とも言えない不気味さ! 読後に残る不気味な余韻・・・。 ついつい繰り返し読んでしまいます。

まのいいりょうし

まのいいりょうし 日本の昔話 (こどものとも 日本の昔話 10のとびら) 瀬田貞二さんのお話しと赤羽末吉さんの絵が すごい相乗効果をもたらしている絵本。 ラッキーの連鎖が凄すぎる~!!! どんでん返しのオチを期待していると肩透かしに合いますが、 息子の…

のら犬

のら犬 (絵本・新美南吉の世界) 何とも言えない不思議なお話しとステキな版画にグイグイと引き込まれます。 読み終えた後は、なぜかもう一度、読んでみたくなる。 新美南吉さんの作品。深いです。

おそらに はては あるの?

おそらに はては あるの? 暗い夜の訪れが、空に果てがあることの証拠?! なるほど、確かにー!! でも、空の果てってどこなの? 果ての先はどうなってるの? 読み終わった途端、???がいっぱい湧き出すスゴイ絵本です。

ふたり

ふたり 今どきな小学生たちのリアルさと 永遠に不変な甘酸っぱい恋が絶妙に入り交じったストーリー。 本好きな二人が、本を通じて謎解きをしていく展開が素敵です。 読みやすいテンポと清々しい読後感は 恋する小学校高学年にピッタリ!

まちのコウモリ

まちのコウモリ (ふしぎいっぱい写真絵本) コウモリ好きな娘(小3)が大喜びで読んでいた写真絵本。 正直、コウモリの何がいいのかよく分かっていなかったのだが、 この本を一緒に読んだら、その可愛さが少し理解できた。 うん、コウモリ、意外とカワイイ。

似ていることば

似ていることば 卵と玉子、サンデーとパフェ、陰と影など、 感覚と経験則だけで何となく使い分けていた言葉が 写真つき(これが大事!!)で分かりやすく定義されている本。 発想が面白い!! 中学生なら、自分でも作りたくなるかも。 自由研究にもよさそうで…

ツナグ

ツナグ (新潮文庫) 中1の息子に借りて読んだ本。 短編ぽくて読みやすく、お話しもバラエティ豊か。 そして、最後は見事にぜーんぶ繋がっている。 初めての作家さんだけど、夢中で読破してしまった。 中高生が死と向き合うのにピッタリです。 本好きなら小6…

クジラにあいたいときは

クジラにあいたいときは (講談社の翻訳絵本) とっても、やわらかい絵本。 かわいさも、おかしさも、静けさもやわらかい。 心がちょっと、ささくれだった時に読みたい絵本です。

300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート

300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート 絵がとーっても好みで借りてきた絵本ですが、 内容も素晴らしかった!! 「ブラックベリー・フール」というお菓子を作る親子の様子を 300年前に遡り、100年ごとに紹介するというもの。 材料の調達方法や…

ざんねんないきもの事典

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典 どこの本屋さんにも平積みされているベストセラー。 「ダーウィンが来た!」好きの我が家は すでに知っているネタも多いけれど、 それでもやっぱり面白い! 「ポケモン世代は『進化=強くなること』 だと勘…

父さんギツネバンザイ

父さんギツネバンザイ (評論社の児童図書館・文学の部屋) 人間vsキツネの意地と命をかけた戦い! ハラハラ&ドキドキの展開に夢中になります。 挿絵もステキ。 ロアルド・ダール色は薄めです。

すんだことはすんだこと

すんだことは すんだこと (世界傑作童話シリーズ) 佐々木マキさん翻訳という珍しい絵本。 「主婦業なめんなよ!」な視点が愉快、痛快! 絶対、夫と息子に読ませよう。

いもさいばん

いもさいばん (講談社の創作絵本) 思いがけず(失礼!)深〜い絵本。 いろんなきっかけを与えてくれて、読後トークが弾みます。 高学年に読めば、読後の議論は領土問題にまで発展!

ちいさなちいさな王様

ちいさなちいさな王様 ミヒャエル・ゾーヴァさんの挿絵と アクセル・ハッケさんのストーリー。 ちいさな王様がかわいくて、お気に入りの本になりました。 大人になるって、歳をとるって何だろう? と深く考えさせられる一冊。 思春期に読んでほしいなぁ。

ワニのオーケストラ入門

ワニのオーケストラ入門―絵本 学校の金管部に入ろうかどうか迷っている娘にドンピシャの絵本! 楽器が一つ一つ、個性的かつユーモアたっぷりに紹介されています。 緻密な絵もとってもステキです!

おーい ぽぽんた

おーい ぽぽんた 声で読む日本の詩歌166 ボブ・ディラン氏のノーベル文学賞受賞に賛否両論。 でも、この本を読むと、詩も俳句も短歌も、 文学だなぁと思いますよ。 当たり前だけど。

ジュマンジ

ジュマンジ 映画の原作になった有名な絵本を初読。 臨場感あふれる絵に私も娘も釘付け! 作者はクリス・ヴァン・オールズバーグ。 さすがです。

クマの名前は日曜日

クマの名前は日曜日 小さいころ特有の玩具(主にぬいぐるみ)とのコミュニケーションが ふんわりと温かく、でもちょっとシュールに描かれています。 挿絵がとっても好き!! クセになりそうな素敵な本です。 *** 娘(小3)の感想 *** ある男の子とク…

ゆうれい回転ずし たまご焼きのひみつ

ゆうれい回転ずし たまご焼きのひみつ (わくわくライブラリー) 小3の娘のお気に入りシリーズ。 作者は寿司屋の女将さん! 大人にはコチラのエッセイも面白いです。 寿司好きにはたまらない〜! 寿司屋のかみさんおいしい話 (講談社文庫)

あけるな

あけるな この表紙に谷川俊太郎さん&安野光雅さんと来たら、 もう開けずにはいられない!! 期待を裏切らない大人の絵本です。

ふしぎなふしぎなミクロの世界

ふしぎなふしぎなミクロの世界 小3の娘が何度も手に取っていた本。 光学顕微鏡&電子顕微鏡でしか観ることのできない インパクトありすぎ!! の色彩豊かな写真の数々に釘付け。 被写体が身近なものすぎて二度ビックリ。

エミリー

エミリー 誰とも会わず、何年も家に閉じこもっている謎の女性と お向かいに住む少女との不思議な交流を描いた絵本。 謎の女性エミリーの強さとはかなさを描いた絵がとっても素敵です。 コルデコット賞受賞作。

さかさ町

さかさ町 タイトル通り、何もかもが逆さまな町のお話し。 逆さまなことにはきちんと理由があって、その理由が面白い。 言われてみれば「確かに~!」の連発! 発想の転換って大事だなーと思わせてくれる深いお話しです。 平成28年度読書感想文課題図書らしい…

エマおばあちゃん

エマおばあちゃん もう、この絵本、大好き!! バーバラ・クーニーさんの絵がピッタリで素敵すぎる~! 画才は全くないけれど、私もこんな老後を過ごしたいな~。 とりあえず、ソーイング三昧かな?

おじいちゃんの口笛

おじいちゃんの口笛 とーってもステキなお話しに、とーってもステキな絵。 血のつながりはなくても、人ってつながれるんだな~。 かわいくて、切なくて、ホッコリする絵本です。

ちずあそび

ちずあそび (知識の絵本 1) 東京の吉祥寺を中心に地図のことがかなーり詳しく描かれた絵本。 自分の家の周りの地図を描いてみたくなりますよ!