就学前

ソーニャのめんどり

ソーニャのめんどり 3羽のひよこをもらい、大切に立派なニワトリに育ててきたソーニャ。 ある晩、鳥小屋に忍び込んだキツネに大好きなニワトリが食べられてしまいます。 ソーニャが本当に一生懸命、鳥たちのお世話をする様子が丁寧に描かれているので、ニワ…

ゆきのひ

新装版 ゆきのひ (講談社の創作絵本) 雪国の長く厳しい冬の一日を描いた字のない絵本。 表紙とほぼ同じ構図で定点観測のように駅舎の一日を描いていきます。 自然との共存、人とのふれあい。 字がないことで、その静けさが際立ちます。 優しい、ぬくもりのあ…

はなうたウサギさん

はなうたウサギさん 力強い線とキレイな色彩に惚れ惚れしてしまう版画絵本。 小動物の可愛らしさとは対照的に、見開きページいっぱいに描かれた大型動物の迫力がスゴイ!! ウサギさんの いい意味での いい加減さ&ポジティブさは、真面目すぎたり心配性な子…

12にんのいちにち

12にんのいちにち 同じ町に住む12人の一日を2時間おきに描いた絵本。 12人(ライオン・銅像含む)それぞれの1日をパラパラ漫画みたいに通して見たり、時間帯ごとにそれぞれの過ごし方を比べてみたり。 ページ下に描かれた通りの絵にも小ネタ満載!巻末…

きんぎょのおつかい

きんぎょのおつかい 与謝野晶子さんが童話を書いていたとは知らなかった! 三匹の金魚が電車に乗って新宿から御茶ノ水までおつかいに行くお話。 フィクションだから、金魚たちがどんな風におつかいするのかとワクワクしながら読み進むと・・・、フツーに水が…

アマガエルとくらす

アマガエルとくらす (たくさんのふしぎ傑作集) 都会でも大きな公園にいけば気軽に出会えるアマガエル。 あのアマガエルを14年間も飼い続けた人の物語。 そもそもアマガエルが14年も生きると知ってビックリ! 人間と心を通わせられると知ってさらにビック…

いわしくん

いわしくん 生き生きとした いわしくん の表情からは想像できない展開の食育絵本。 短い文章と温かいい絵でいわしくんの一生を描いています。 ラストページがすっごくいい!! 遠目の効く絵は大勢への読み聞かせ向きです。 どんなにゆっくり読んでも3分以内…

雪の上のなぞのあしあと

雪の上のなぞのあしあと (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) 北国の動物園の冬。閉園している間もせっせと働いている飼育員さんが夜中に見たものは…。 豪雪地帯は冬の間、動物園が閉園するのか〜とまず驚き、足跡の正体と原因にいたく納得。 雪が降らない…

ごきげんいかが がちょうおくさん

ごきげんいかが がちょうおくさん (世界傑作童話シリーズ) がちょうおくさんの天然キャラがとっても楽しい本。 一人読み入門にぴったりですが、思いのほか深い内容で大人が読んでも感じるものが多々あります。 親子で読み聞かせが一番いいかも!

わたしが母さんなら

わたしが母さんなら お母さんに、自分の理想のお母さん像を延々と語る女の子のお話。 次から次へと出てくる主人公の願望が楽しい! おしゃまでお転婆な娘は激しく共感していました(我が家の場合、実現済みの願望も多々ありましたが…)。 お母さんのオチがと…

あま〜いしろくま

あま~いしろくま (PHPにこにこえほん) おやつが大好きなしろくまくんのおやつ愛がスゴイ絵本。 カラフルな絵がとにかくカワイイ! ページをめくるたびに、とっても幸せな気分になれますよ。

モーゼスおばあさんの四季

モーゼスおばあさんの四季―絵と自伝でたどるモーゼスおばあさんの世界 20世紀にアメリカで最も愛された画家、グランマ・モーゼスの自伝と作品をまとめた絵本。 モーゼスおばあさんの絵が見つけ出されて世に出た時、おばあさんはすでに79歳。 日々の暮ら…

この世界いっぱい

この世界いっぱい 大きめサイズの見開きいっぱいに描かれた絵が本当に素晴らしい絵本。 豊かな自然と大切な人たちがこの世界にいっぱい! ページをめくるたびにいろんなことを感じさせてくれます。 残念ながら日本語訳が私にはしっくりこなかったので、この…

グリンピースのいえ

グリンピースのいえ 素朴で温かみのある絵がステキな絵本です。 グリーンピースの缶で作った玄関からカエルの家に入っていくと・・・、 たくさんの部屋に楽しそうなアイテムがいっぱい! でも、最後のページでドキッ!! ギクッ!! 地上の何もない静けさと…

おはなをあげる

おはなをあげる (ポプラせかいの絵本) 字のない絵本ですが、しっかりとしたストーリーがあり、たくさんのことを感じさせてくれます。 女の子の表情がなんとも言えずいい! 読み手の想像力を掻き立てる絵がとっても素敵な絵本です。

ちゃいろいつつみ紙のはなし

ちゃいろいつつみ紙のはなし (世界傑作童話シリーズ) 表紙のイメージそのままの、素朴でお洒落であったかい絵本。 包みを大切に剥がして、包装紙をいろんなことに使っていた子どもの頃を思い出しました。あの頃は、心のゆとりがあったな~、物を大切にしてい…

火曜日のごちそうはヒキガエル

火曜日のごちそうはヒキガエル―ヒキガエルとんだ大冒険〈1〉 (児童図書館・文学の部屋) 冬眠を中断して真冬の森へ飛び出したヒキガエル。 ミミズクに捕まってしまい、命のカウントダウンがスタート! ハラハラ・ドキドキの展開と楽しいティータイムのコント…

カガカガ

カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり (こどものとも世界昔ばなしの旅) タイトルと表紙に惹かれて借りてきた絵本。 副題「ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり」通りの絵本です。 北アメリカの先住民族、ウィネバゴ族の…

いっぽんの鉛筆のむこうに

いっぽんの鉛筆のむこうに (たくさんのふしぎ傑作集) お絵かきしたり勉強したり、毎日お世話になっている身近な文具・鉛筆。 その鉛筆が作られる過程が詳細に描かれた写真絵本です。 スリランカの鉱山で掘り出された黒鉛が芯になり、 アメリカの山脈で切り出…

ぼく そらをさわってみたいんだ

ぼく そらをさわってみたいんだ (絵本・子どものくに) 精一杯、背伸びする猫ちゃんが可愛すぎる絵本。 一生懸命な猫ちゃんをお手伝いをしてくれる動物たちもいいし、ビックリ仰天の展開もいい。 縦開きの体裁も新鮮な絵本です。 ***小4娘の紹介文*** …

ねむりのはなし

ねむりのはなし (福音館の科学シリーズ) 夜更かしが大好きな現代っ子たちにオススメの絵本。 眠ることの大切さや、眠らないとどうなるかが わかりやすい表現でしっかりと書かれています。 科学絵本らしからぬ、カラフルでお洒落な絵もすごくいいです。 朝の…

江戸の子ども ちょんまげのひみつ

江戸の子ども ちょんまげのひみつ 年齢とともに変化していく江戸時代の髪型が詳しく描かれた絵本。 時代劇や昔話でお馴染みのちょんまげに、こんなにバリエーションがあったとは! 髪型の変化とともに描かれた子どもたちの生活の様子も興味深い。 「15歳で…

ノミちゃんのすてきなペット

ノミちゃんのすてきなペット 動物が大好きなノミちゃん。 一匹だけお家で動物を飼ってもいいとママに言われて・・・。 柔らかな色合いの絵がとってもステキな絵本です。 動物園にいる時のノミちゃんの表情がホントーに可愛い!!

あたまをなくしたおとこ

あたまをなくしたおとこ 「あるあさ、おとこが おきたら、 あたまが なかった。」 表紙の絵と冒頭の一文だけでガッツリ本の世界に引き込まれます。 奇想天外なストーリーと巧みな言葉あそびが楽しい! ロバート・マックロスキーさんの描くモノクロの絵も雰囲…

そらのいろって

そらのいろって わたしから あおい えのぐを とりあげ、 そらを みあげて かんがえさせてくれた 画家 アルド・セルビーノに。 あとがきの一文が本当にうらやましい! 先入観や固定概念を取り払い、自分自身で見て、感じることの素晴らしさを教えてくれる人と…

おさるとぼうしうり

おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ) 落ち着いた色合いで描かれた洗練された絵がとっても素敵な絵本。 物まね子猿たちのカワイイこと! 起承転結がしっかりとあるお話しは何度も読み返したくなる楽しさです。 小さめサイズなのでお部屋のインテリアに…

さみしかった本

さみしかった本 やわらかい優しい絵と心温まるストーリーがとってもステキな絵本。 本好きさんなら、主人公の気持ちが、すごくよくわかりそう。 お家で静かに読んでほしい絵本です。 ***娘(小4)の紹介文*** ある日、図書館に新しい本が入荷されまし…

干したから・・・

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん) いろんな食材をいろんな国で、干して食べている様子がよくわかる写真絵本。 厳しい環境の中で生きる工夫が非常に合理的で感心してしまう。 そうか、主食はほとんど干し物なのか~。ホント、言われてみればだな~。 …

ねんねのおとがきこえるよ

ねんねのおとがきこえるよ エゾリス みんとちゃんの おはなし (コドモエ[kodomoe]のえほん) 家の中にあるいろいろなモノの眠る音。 想像力を描きたてる可愛くて楽しい絵本です。 身の回りにあるモノの ねんねのおと を聞いてみたくなりますよ。

ちいさなつきがらす

ちいさな つきがらす (講談社の翻訳絵本) 体が小さいだけで仲間はずれ。 からかいついでに言った冗談。 いじめた方は何も覚えていない。 子ども同士のイジメをリアルに描いた絵本。 谷川俊太郎さんの訳が重くなりすぎず、絶妙。 絵の構図が素晴らしく、遠く…