読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱーおーぽのうた

ぱーおーぽのうた 生命力がみなぎる明るくダイナミックな絵と リズミカルな詩が素晴らしくマッチした絵本。 大きな声で読みたい絵本です。 遠目の効く(というか、ちょっと離れて観た方が迫力が伝わる)絵は 大勢への読み聞かせにもピッタリ!

パパ・カレー

パパ・カレー (ほるぷ創作絵本) 武田美穂さんのお料理絵本。 めちゃくちゃ美味しそうな食材とリズムのいい言葉が心地よい。 かくし味(?)にバナナー!!?? うーん、ちょっと食べてみたい!! これを読んだら・・・、週末はもちろん、パパ・カレー! こっ…

すばらしいみんな

すばらしい みんな ルイ・アームストロングの名曲『What a Wonderful World』を表現した絵本。 明るくてカラフルな絵が、すごく幸せな気持ちにしてくれます。 歌詞を訳したアーサー・ビナード氏のあとがきがいい。 「『ちっともすばらしくない世界』を前にし…

よふかしにんじゃ

よふかしにんじゃ 外国の作者さんが作り上げた忍者絵本。 切り絵のコラージュがハイセンス~!! 見たことのないテイストに唸らされます。 後半の展開に大うけ!! 大勢への読み聞かせでも盛り上がりそうです!

ファーディのはる

ファーディのはる 春の森をお散歩していたこぎつねのファーディ。 野原についたら、何と! 空から白いものが舞い降りてきた! まだ春になっていなかった! と慌てて冬ごもりに戻ろうとしますが・・・。 とーっても可愛くて癒される春の絵本。 今の季節にピッ…

ニットさん

ニットさん (こどもプレス) マルチドットの表紙を見ただけで癒されてしまう絵本ですが、 ストーリーにはいい意味で期待を裏切られます。 なんだかスゴイ展開!! なのにラストはほっこり。 メリヤス編みを切り抜いた絵がとにかくカワイイので プレゼントにも…

ぬまばばさまの さけづくり

ぬまばばさまの さけづくり (世界傑作絵本シリーズ) とーってもステキなデンマークの絵本。 絵が! お話しが! すっごーくいい!! 春にこの絵本を読んだら、夏は絶対、 沼にたちこめるモヤを見に行きたくなりますよ~。 決して可愛くはない ぬまばばさま が…

マジック☆ラビット

マジック☆ラビット モノクロの優しい絵に黄色い星がアクセントになっているお洒落な絵本。 迷子になって離れ離れになってしまった手品師と相棒のウサギ。 お互いを求めあう気持ちがとってもステキです。 すぐ側にいるのに出会えないもどかしさ。 2人それぞ…

ジンベエザメのはこびかた

ジンベエザメのはこびかた (ほるぷ水族館えほん) 漁師の網にかかったジンベエザメの子どもを 水族館まで運ぶ過程を詳しく描いた写真絵本。 野生動物の多くは搬送中に死亡してしまうことが多いうえ、 大型動物の搬送には莫大な費用がかかるため失敗が許されな…

もものき なしのき プラムのき

もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 三匹のクマやシンデレラなど、おなじみの童話や絵本の主人公たちを探す隠し絵絵本。 ふんわりと明るい絵がすごっくステキで、ページをめくるたびにワクワク! まだ読んだことのない主人公たち…

マリーのお人形

マリーのお人形 お店に飾られたお人形と運命の出会いをする女の子のお話し。 赤・黒・黄の三色で描かれたラフなタッチの絵がとってもお洒落。 最後のページには、なんと、お人形用のミニ絵本が! お人形と一緒に同じ絵本を読めるなんて、ス・テ・キー!! 女…

マンモスとくらすには

マンモスとくらすには マンモスと暮らすための十か条をユーモアたっぷりに描いた絵本。 とにかく、生き生きとしたマンモスの表情がカワイイ~! 思わず一緒に住んでみたくなります。 お洒落で優しい絵もとってもステキです。

ねこのおすしやさん

ねこのおすしやさん お寿司好き、猫好きキッズにはたまらない一冊。 カラフルで可愛い猫と超ハイテクな販売車に夢中になること間違いなし! 園児への読み聞かせにもピッタリです。 「ありえな~い!」の展開にワクワクしますよ!

ぼくはうちゅうじん-ちきゅうのふしぎ絵本

ぼくはうちゅうじん (ちきゅうのふしぎ絵本) 未就学児でも十分理解できる丁寧な説明で、宇宙のことを結構詳しく書いた絵本。 仲良しほっこり家族の会話と はしこうたろう さんのステキな絵に引き込まれます。 この夏は、キャンプに行って星空を眺めたいなぁ…

マクドナルドさんのやさいアパート

マクドナルドさんのやさいアパート 萎れたトマトの苗が、水をやり、陽をあてたら生き生きと蘇った事をきっかけに、 野菜づくりに目覚めてしまったアパートの管理人さんのお話。 野菜だけが優しく色づけされた絵がとってもお洒落! お話の展開も最高です!

このパンなにパン?

このパンなにパン? (たんぽぽえほんシリーズ) リアルで美味しそうなパンの絵本。 パン当てクイズ形式になっていて 小4娘が「一つ以外正解した〜!」と喜んでいました。 私の経験では、なぜか乳児期はこういう写実的な絵の絵本に非常に食いつきがいい。 でも…

ぼくはおこった

ぼくはおこった (児童図書館・絵本の部屋) すごいスケールですごくインパクトのある絵本。 とにかく一人で怒りまくる主人公。 その怒り方がハンパない!! これ、最後はどうなっちゃうの〜?! とページをめくると…、 オチが最高でした!

おめでとうおひさま

おめでとう おひさま (おひさまのほん) 片山健さんが描くおひさまの表情がすごくイイ! 動物たちの新年の抱負がまたまたイイ! 初日の出のお話ですが、いつ読んでも元気いっぱい、 清々しい気持ちになれます。 年度が切り替わるこの時期にもピッタリです。

くまのテディ・ロビンソン

くまのテディ・ロビンソン (世界傑作童話シリーズ) クマのぬいぐるみテディとその持ち主の女の子が主人公の短編集です。 誰よりも大切なぬいぐるみを抱きしめている(もしくは「いた」)子なら きっと夢中になると思います。 読みやすくて短めのお話しが7話…

ちょろりんのすてきなセーター

ちょろりんのすてきなセーター (こどものとも傑作集) 寒がりなトカゲの子、ちょろりんが洋品店の店先にある春色のセーターに一目ぼれ! おねだりに失敗した後の頑張りが健気で可愛い。 やっとこさ手に入れたセーターもステキ! 真冬に読んでも、早春に読んで…

おさらをあらわなかったおじさん

おさらをあらわなかったおじさん (岩波の子どもの本) 料理を作ってお腹いっぱい食べたら、片付けをする気力が・・・。 最初の方は、「あるある! よくある!!」と共感していたのだが、 おじさんの お皿を洗わなさっぷりが凄まじく、 え?え?えーーー!!!…

のはらでまたね

のはらでまたね つぶらな瞳の動物たちが、とにかくカワイイ癒し絵本。 真冬の森の中で思い描く春のシーンがとってもステキです。 本の中の季節は初冬ですが、冬眠できない人間は、 本格的な春が待ち遠しい3月に読むのがぴったり。 寝て起きたら春っていいね…

ゴナンとかいぶつ

ゴナンとかいぶつ モンゴルで昔から語り継がれてきた抒情詩をもとにした絵本。 ストーリーは「ももたろう」のモンゴル版! エキゾチックな絵がとても素敵です。 両者の最後の対決はモンゴル相撲。 土俵のないモンゴル相撲は、何日も勝負がつかないこともある…

だくちるだくちる-はじめてのうた

だくちる だくちる―はじめてのうた (日本傑作絵本シリーズ) 一人ぼっちのイグアノドンが初めて聞いた 自分以外の生き物の音を「うた」と表現するのが素敵な絵本。 詩的なお話しと長新太さんの絵がピッタリ調和した 壮大で美しく、あたたかい絵本です。 遠い…

メチャクサ

メチャクサ タイトル通り、メチャクチャに臭そうなヘラジカと間抜けなオオカミのお話し。 余裕しゃくしゃくのヘラジカに対抗心を燃やしまくりのオオカミが何ともコミカルで可笑しい! 小3の娘も大うけ! それにしてもこの鹿、ホントーに臭そう~!! ノリの…

トムテ

トムテ 北欧で広く愛され続けているリードベリの詩に絵をつけた 北欧のベストセラー絵本。 とにかく詩の流れるようなリズムがステキで、 何度も声に出して読みたくなります。 厳しい真冬なのに、なぜかほっこり暖かい絵もすごくいい! 自分の家にもこんな小…

ポテトむらのコロッケまつり

ポテトむらのコロッケまつり 美味しそうなデッカイ食べ物絵本・コロッケ版。 アンパンマンみたいな おばさんが大事に育てたジャガイモ。 獲れすぎたジャガイモを使って世界一大きなコロッケづくり! 衣をつける おばさんが、トム・クルーズに見えるのは私だ…

のげしとおひさま

のげしとおひさま (幼児絵本シリーズ) 主人公が たんぽぽ ではなく のげし というのがなんとも素敵な絵本。 図鑑のようなリアルな絵は何故か乳幼児の食いつきがよい。 娘は読後、図鑑を開いて たんぽぽ と比べっこ!

トヤのひっこし

トヤのひっこし (世界傑作絵本シリーズ) モンゴルの大草原に暮らす遊牧民一家のお引越しを描いた絵本。 主人公の女の子がちょうど娘と同じ年ぐらい(10歳前後?)で こんな風に暮らしている子もいるのかーと興味津々。 雄大ながらも細部まで描き込まれた優し…

庭にたねをまこう!

庭にたねをまこう! 庭づくりの楽しさがギューっと詰まった素敵な絵本。 フルカラーで描いたらものすごく賑やかな絵になるところを 4色で描いているのがすっごくお洒落~。 真夏のガーデンパーティーのページに「わぁ~&うっとり」 週末は、我が家の小さな菜…

おかめ列車

おかめ列車 表紙を見ただけで、読まずにはいられないインパクト! 恐る恐る読みだすと・・・、とにかく絵がレトロ可愛くてー! ナンセンスなぶっ飛び絵本ですが、なぜか読後はほっこり。 ヤバい、これはクセになる・・・。 続編はコチラです。 おかめ列車 嫁…

なにからできているでしょーか?

なにからできているでしょーか? (コドモエ[kodomoe]のえほん) 身近な人気メニューが次々と登場し、 それらが何からできているかを考える絵本。 リアルな食材と漫画っぽい動物の描きわけが面白いです。 読んでるとお腹が空いてきて・・・、 自分で作ってみた…

おうちにいれちゃだめ!

おうちにいれちゃだめ! 小さな虫をお家で飼いたいと言ったら、 ママに「ダメダメー!」と言われてしまい・・・。 じゃぁこれは? これは? と、逆にどんどんスケールが大きくなっていくのが面白い。 確信犯っぽいところがまたスゴイ。 最後はまさかの作戦勝…

なみだどろぼう

なみだどろぼう 大人っぽくて透明感のある絵がとっても素敵な絵本です。 いろんな人が、いろんな理由で流す涙を そっと集めるなみだどろぼう。 それぞれの涙が変化する宝石に娘と二人ですごく納得。 幻想的な月夜に是非親子で読んでください。

まるいちきゅうのまるいちにち

まるいちきゅうのまるいちにち―All in a day 安野光雅さんが、世界8カ国、8人の絵本作家に呼びかけて作った絵本です。 日本担当は林明子さん! 大晦日から新年にかけての数日間の様子が同時進行で描かれています。 時差や気候、風習の違いがわかってすごく…

ままです すきです すてきです

ままです すきです すてきです (幼児絵本シリーズ) ただの「しりとり絵本」と思ったら大間違い! やや強引なしりとりが、終わりのない不思議な世界へ導いてくれます。 タイガー立石さんの細部まで描き込まれた絵がすごく素敵です。

もっともっとおおきなおなべ

もっともっとおおきなおなべ (わくわくメルヘンシリーズ) 材料を入れ過ぎて一回り大きなお鍋に移し替えるって、 よくありますよね~。 それを何度も何度も繰り返し、最後はみんなでシチューパーティー! 繰り返しの楽しさと、どいかや さんの素敵な絵がピッ…

はじめてのてんきえほん

はじめての てんきえほん 天気に関する情報がギッシリ詰まった絵本。 可愛いイラストで楽しくスラスラと読めますよ。 読後はプチお天気博士!

やきざかなののろい

やきざかなののろい (ポプラ社の絵本) ちょっと怖いタイトルと表紙からは、想像もつかない驚きの展開! 確かに焼き魚って、食べるのが面倒くさくて、ひと癖ありますよね~。 我が家の子どもたちも、焼き魚大好き派と面倒くさい派に真っ二つ。 面倒くさい派の…

ちいさなはくさい

ちいさなはくさい (にじいろえほん) 春が待ち遠しい季節に読みたいあたたか~い絵本です。 畑の端に根付いたちいさな白菜。 みんなと一緒にトラックに乗って、八百屋さんに並びたい! でも、その願いが叶うことはなく・・・。 取り残された小さな白菜のその…

オオカミがとぶひ

オオカミがとぶひ (こどもプレス) タイトルに惹かれて図書館で借りた絵本。 大迫力の力強い絵とシンプルな文章、 主人公の想像力のすごさに引き込まれます。 初めてよむ作家さんでしたが、他の絵本も借りてみたいなぁ。

はるにれ

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ) 北海道の大地に生きる はるにれの木を 四季を通じて撮り続けた字のない写真絵本です。 葉が落ちて、 幹と枝だけになった はるにれ の たくましさと美しさに感動。 見えないけれど、きっと地面の下でも 立派に根をはっている…

しんぞうとひげ-アフリカの民話

しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本) アフリカの民話をベースにした絵本です。 「おなかがへった、はらへった。 きのうもはらぺこ、きょうもはらぺこ。 たべたい、たべたい、たべたい、たべたい。」 セリフだけ読むと切なくなるけれど、 色鮮やかで力強い絵…

かようびのドレス

かようびのドレス (海外秀作絵本) 『ヨセフのだいじなコート』の女の子版みたいな絵本。 元気でカラフルな絵がとってもステキです。 娘のお気に入りの服は、我が家もいろんなモノにアレンジしてますよ〜。

うれないやきそばパン

うれないやきそばパン 表紙をめくった途端、子どもの頃にトリップ〜!! 売れないパンたちの哀愁が切なく、 濃〜ゆいキャラが面白く、 昭和の香りタップリの絵に釘付けです。 園児や低学年への読み聞かせにもピッタリ。

メリーさんのひつじ-ほんとうにあったおはなし

メリーさんのひつじ (世界傑作絵本シリーズ) 誰もが口ずさめる『メリーさんのひつじ』 あの歌の起源となった実話を描いた絵本です。 とにかく、どこにでもついて行っちゃう羊ちゃんがカワイイー!! 素朴な絵もカワイイです。

とおもったら…

と おもったら… 次から次へと想像が膨らむ絵本。 最後のページを読むと・・・、 最初に戻りたくなる~! アートな絵に感性が刺激されます。

ベスとベラ

ベスとベラ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ひとりぼっちのベスのもとに、次々と現れる訪問者。 夢のようなお茶会。 優しいタッチの絵がとってもステキな冬の絵本です。

森の絵本

森の絵本 (講談社の創作絵本) 『空の絵本』のコンビが描いた森の絵本。 長田弘さんの言葉に荒井良二さんの絵がベストマッチ! 静かな山奥にトリップできますよ~。

とうだい

とうだい (日本傑作絵本シリーズ) 他者を通じて自分の存在意義を認識していく灯台の成長にグッくる。 絵もストーリーも、とってもステキです。