就学前

そらのいろって

そらのいろって わたしから あおい えのぐを とりあげ、 そらを みあげて かんがえさせてくれた 画家 アルド・セルビーノに。 あとがきの一文が本当にうらやましい! 先入観や固定概念を取り払い、自分自身で見て、感じることの素晴らしさを教えてくれる人と…

おさるとぼうしうり

おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ) 落ち着いた色合いで描かれた洗練された絵がとっても素敵な絵本。 物まね子猿たちのカワイイこと! 起承転結がしっかりとあるお話しは何度も読み返したくなる楽しさです。 小さめサイズなのでお部屋のインテリアに…

さみしかった本

さみしかった本 やわらかい優しい絵と心温まるストーリーがとってもステキな絵本。 本好きさんなら、主人公の気持ちが、すごくよくわかりそう。 お家で静かに読んでほしい絵本です。 ***娘(小4)の紹介文*** ある日、図書館に新しい本が入荷されまし…

干したから・・・

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん) いろんな食材をいろんな国で、干して食べている様子がよくわかる写真絵本。 厳しい環境の中で生きる工夫が非常に合理的で感心してしまう。 そうか、主食はほとんど干し物なのか~。ホント、言われてみればだな~。 …

ねんねのおとがきこえるよ

ねんねのおとがきこえるよ エゾリス みんとちゃんの おはなし (コドモエ[kodomoe]のえほん) 家の中にあるいろいろなモノの眠る音。 想像力を描きたてる可愛くて楽しい絵本です。 身の回りにあるモノの ねんねのおと を聞いてみたくなりますよ。

ちいさなつきがらす

ちいさな つきがらす (講談社の翻訳絵本) 体が小さいだけで仲間はずれ。 からかいついでに言った冗談。 いじめた方は何も覚えていない。 子ども同士のイジメをリアルに描いた絵本。 谷川俊太郎さんの訳が重くなりすぎず、絶妙。 絵の構図が素晴らしく、遠く…

すばこ

すばこ 巣箱って、野鳥を観察するための趣味的なものだと思っていたけれど…、 もともとは鳥を捕まえるための罠だったとか、 最初に巣箱を作ったドイツの男爵の森の話や巣箱が果たす役割など、初めて知る事がいっぱいの絵本。 洗練された優しい色あいの絵が味…

うみがめぐりー自然をみつめる絵本ー

うみがめぐり -自然をみつめる絵本- 最初の一文から心を鷲掴みにされてしまった絵本。 透明感のある美しい水中の絵の中に、しっかり描き込まれたたくさんのゴミ。 リアルなような、漫画のような、愛嬌のある生き物たち。 大きな文字の端的な文章でしっかりと…

プンクマインチャ―ネパール民話

プンクマインチャ―ネパール民話 (こどものとも傑作集) 力強い色と線使いが印象的なインパクトのある絵と なんかスゴイ展開のお話しに釘づけ間違いなしの絵本。 人間の嫉妬の恐ろしさと残酷さがこれでもかっ!と描かれています。 感受性の強い子はトラウマに…

すやすやタヌキがねていたら

すやすやタヌキがねていたら (えほんのもり) とっても可愛いタヌキくんのおやすみ絵本。 繰り返しの言葉のリズムが心地よく、カラフルで優しい絵が心地よい。 おやすみ前の読み聞かせにピッタリです。 ステキな夢が見られそう! 読み手も癒されますよ~。

カワセミ 青い鳥見つけた

カワセミ―青い鳥見つけた (日本の野鳥) 「青い宝石」と呼ばれる鳥・カワセミの生態がよくわかる写真絵本。 初めてカワセミに出会ってから、どんどんカワセミに夢中になっていく著者の情熱がすっごーくいい!! 知りたい情報がどこにもない。だったら自分で調…

オリバーくん

オリバーくん (ほるぷ海外秀作絵本シリーズ 8) ふくろうのオリバーくんが、とにかくカワイイ~!!! しょっぱなからの掴みが最高! オチも最高! 遠目の効くキレイな絵は大勢への読み聞かせにもピッタリです。

だんごむしそらをとぶ

だんごむしそらをとぶ だんご虫の大冒険を松岡達英さんらしいリアルな絵で描いた絵本。 空を飛ぶための努力がなんともいじらしい〜! 空には空の危険がいっぱい! スリリングな展開で弱肉強食の世界も学べますよ。

オーパルひとりぼっち

オーパルひとりぼっち 原作者本人が5歳から6歳のころに書いていた日記をもとにつくられた絵本。 この日記を年中~年長の少女が書いていたということにまずビックリ。 両親を亡くしひとりぼっちになっても、殻に閉じこもっているのではなく、 動物たちや草…

セミくんいよいよこんやです

セミくんいよいよこんやです 工藤ノリコさん の魅力がぎっしり詰まった可愛い絵本。 突っこみどころ満載の細やかな絵が楽しく、生きる幸せがいっぱい! でも、この1週間後には命が尽きてしまうんだよなぁ・・・。 セミの抜け殻や死骸を目にする前、まさに今…

ほたるホテル

ほたるホテル―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集) ほたるが舞いだす季節に読みたい絵本。 安定の読みやすさ&かわいらしさです。 都会ではなかなかお目にかかれない蛍。 我が家は軽井沢で蛍の乱舞に出会えました。 数年前までは知る人ぞ知るスポット…

空がレースにみえるとき

空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本) キレイな満月もいいけれど、うすもやがかかった夜も幻想的でステキ!! 詩のような文章はやや長めですが、空想好きな子ならワクワクしそう。 バーバラ・クーニーさんの絵がお話しにピッタリ。 いろんな想像がふ…

重力って

重力って…… 知っているようで意外と知らない重力のことが、ステキな絵で描かれた科学絵本。 重力がなくなると・・・、何もかもがバラバラにー! 遠目の効く絵が浮遊感たっぷりで、大勢への読み聞かせにピッタリの絵本です。

おんなのことあめ

おんなのことあめ 雨の気持ちを描いたチェコの絵本。 みんなに嫌われる雨の悲しみが切ない…。 でも、雨を好きな生き物もいるんだよ。 色彩豊かで幻想的な絵がとっても美しい絵本です。 きっと、読む前より少し雨が好きになりますよ。

かさかしてあげる

かさ かしてあげる (幼児絵本シリーズ) 雨の日もホッコリする、とっても可愛い絵本。 優しい森の動物たちが差し出してくれる傘がステキです。 自分の傘を誰かに貸してあげたくなります。

けいたのボタン

けいたのボタン 作者: 岩崎京子,降矢なな 出版社/メーカー: にっけん教育出版社 発売日: 1999/05 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログを見る 画像がなくて残念ですが、 園児さんの悩みのタネ「ボタンかけ」をとっても楽しく描いた絵本です…

くうきはどこに?

くうきは どこに? (福音館の科学シリーズ) 地球上、いたるところにある空気について分かりやすく説明した科学絵本。 6畳の部屋にある空気の重さが約30キロと知ってビックリ! シャボン玉や風船遊びをした後に読むのがオススメです。 遠目の効くかわいい絵…

よるとひる

よるとひる 昼が大好きな猫と夜が大好きな猫に導かれて 昼と夜、それぞれの良さを感じることができる絵本。 猫目線で描かれた昼が新鮮で楽しい。 どっちが好き? と読後のトークも弾みます。 自分でも、感性を研ぎ澄ましていろんな気配を感じてみたくなりま…

おなかのかわ

おなかのかわ (こどものとも絵本) 絵がすっご〜くステキな絵本が待望の復刊! え〜!? そりゃないよ!! のオープニングから、呆れるばかりの「そりゃないよ!」の連続!! 子どもたちが大好きな積み上げ絵本。 遠目の効く絵とあり得ない展開&秀逸なオチは…

おおきなやかたのものがたり

おおきなやかたのものがたり 大金持ちの貴族が住んでいた大きな館が、 時代の移り変わりと共に変わっていく様子を詳細に描いた絵本。 空からの俯瞰図があったり、館の断面図があったりしてとても楽しめます。 建物も、使う人に愛されていると幸せなんだなぁ…

なきむしこぞう

なきむしこぞう 持ち主の男の子の扱いに腹を立て、家出をした3匹のぬいぐるみのお話しです。 離れてみて初めて気づく、男の子の愛と楽しかったたくさんの思い出にじーん。 ぬいぐるみを失って嘆き悲しむ男の子のカワイイこと!! 酒井駒子さんの絵が切なさ…

マッチ箱のカーニャ

マッチ箱のカーニャ (MOE BOOKS) 抑えた色味で描かれた絵がステキな絵本。 女の子が大好きなカワイイ空想冒険物語です。 マッチ箱の中で寝てみたい! というカーニャの気持ちが、 大きな段ボールが届くと必ず潜り込む娘にはよーくわかるみたいです。

にちようのあさはすてき

にちようのあさはすてき 作者: ジュディスヴィオースト,ヒラリーナイト,入江真佐子 出版社/メーカー: ほるぷ出版 発売日: 1989/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 画像を紹介できないのが残念ですが (クリックすると英語版の画像が見られます…

ひみつのプクプクハイム村

ひみつのプクプクハイム村 (講談社の翻訳絵本) 大好きな画家ミヒャエル・ゾーヴァさんが手がけた初めての創作絵本。 このタイトルにこの表紙。ものすごく心ときめかせて読み進めると・・・、 ん? え? ええぇ・・・? このお話しのために、この絵、描く~?…

36人のパパ

36人のパパ (世界の絵本コレクション) パパと二人きりで過ごす休日に、お疲れモードで遊んでくれないパパ。 パパに言われた通りに本の部屋に行ってみると・・・。 最後のオチが効いています。もしかして、パパが魔法使いだったのか?? ただ、どうもパパが36…