感性が刺激される

かかし

かかし 家族を亡くし、ど田舎に一人で暮らすおじいさん。 自分の作ったかかしに語りかけているうちに、暮らしがどんどん変わっていくお話し。 美しい自然とおじいさんの心の変化がピーターシスさんの絵で素晴らしく表現されています。 擬人化された大切なも…

オーパルひとりぼっち

オーパルひとりぼっち 原作者本人が5歳から6歳のころに書いていた日記をもとにつくられた絵本。 この日記を年中~年長の少女が書いていたということにまずビックリ。 両親を亡くしひとりぼっちになっても、殻に閉じこもっているのではなく、 動物たちや草…

宇宙のかけら

宇宙のかけら (ブルーバックスピース) かなーり専門的な宇宙の知識が、素敵な版画絵とやさしい解説ですごくわかりやすく書かれた本。 解ったような、解らないような…だった宇宙の知識がきちんと頭に入ってきます。 そして、最終章では涙が…。 これは、ヤバイ…

セミくんいよいよこんやです

セミくんいよいよこんやです 工藤ノリコさん の魅力がぎっしり詰まった可愛い絵本。 突っこみどころ満載の細やかな絵が楽しく、生きる幸せがいっぱい! でも、この1週間後には命が尽きてしまうんだよなぁ・・・。 セミの抜け殻や死骸を目にする前、まさに今…

空がレースにみえるとき

空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本) キレイな満月もいいけれど、うすもやがかかった夜も幻想的でステキ!! 詩のような文章はやや長めですが、空想好きな子ならワクワクしそう。 バーバラ・クーニーさんの絵がお話しにピッタリ。 いろんな想像がふ…

おんなのことあめ

おんなのことあめ 雨の気持ちを描いたチェコの絵本。 みんなに嫌われる雨の悲しみが切ない…。 でも、雨を好きな生き物もいるんだよ。 色彩豊かで幻想的な絵がとっても美しい絵本です。 きっと、読む前より少し雨が好きになりますよ。

かさかしてあげる

かさ かしてあげる (幼児絵本シリーズ) 雨の日もホッコリする、とっても可愛い絵本。 優しい森の動物たちが差し出してくれる傘がステキです。 自分の傘を誰かに貸してあげたくなります。

けいたのボタン

けいたのボタン 作者: 岩崎京子,降矢なな 出版社/メーカー: にっけん教育出版社 発売日: 1999/05 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログを見る 画像がなくて残念ですが、 園児さんの悩みのタネ「ボタンかけ」をとっても楽しく描いた絵本です…

よるとひる

よるとひる 昼が大好きな猫と夜が大好きな猫に導かれて 昼と夜、それぞれの良さを感じることができる絵本。 猫目線で描かれた昼が新鮮で楽しい。 どっちが好き? と読後のトークも弾みます。 自分でも、感性を研ぎ澄ましていろんな気配を感じてみたくなりま…

おなかのかわ

おなかのかわ (こどものとも絵本) 絵がすっご〜くステキな絵本が待望の復刊! え〜!? そりゃないよ!! のオープニングから、呆れるばかりの「そりゃないよ!」の連続!! 子どもたちが大好きな積み上げ絵本。 遠目の効く絵とあり得ない展開&秀逸なオチは…

おおきなやかたのものがたり

おおきなやかたのものがたり 大金持ちの貴族が住んでいた大きな館が、 時代の移り変わりと共に変わっていく様子を詳細に描いた絵本。 空からの俯瞰図があったり、館の断面図があったりしてとても楽しめます。 建物も、使う人に愛されていると幸せなんだなぁ…

マッチ箱のカーニャ

マッチ箱のカーニャ (MOE BOOKS) 抑えた色味で描かれた絵がステキな絵本。 女の子が大好きなカワイイ空想冒険物語です。 マッチ箱の中で寝てみたい! というカーニャの気持ちが、 大きな段ボールが届くと必ず潜り込む娘にはよーくわかるみたいです。

スパイダー屋敷の晩餐会

スパイダー屋敷の晩餐会 光と影が美しい幻想的なモノクロの絵に引き込まれます。 ストーリーは、ひねりもなにもない。現実のまんま。 その現実が怖いー!! じわじわと後を引く怖さ。 イギリスで長いこと寓話形式の教訓詩として読み継がれているそうな。 甘…

にちようのあさはすてき

にちようのあさはすてき 作者: ジュディスヴィオースト,ヒラリーナイト,入江真佐子 出版社/メーカー: ほるぷ出版 発売日: 1989/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 画像を紹介できないのが残念ですが (クリックすると英語版の画像が見られます…

ひみつのプクプクハイム村

ひみつのプクプクハイム村 (講談社の翻訳絵本) 大好きな画家ミヒャエル・ゾーヴァさんが手がけた初めての創作絵本。 このタイトルにこの表紙。ものすごく心ときめかせて読み進めると・・・、 ん? え? ええぇ・・・? このお話しのために、この絵、描く~?…

セコイア

セコイア (福音館の科学シリーズ) 世界一高い木・セコイアのことがとっても詳しくわかる絵本。 冒険仕立ての導入で、主人公と一緒にワクワクしながら読み進められます。 どのページも驚きと感動の連続! しっかりと環境問題にまで触れているところが素晴らし…

100万回生きたねこ

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) なんと! 絵本の紹介が1000冊目になりました! 記念すべき1000冊目はこの絵本。 何度読んでもいろんな事を気づかせてくれる絵本です。

チェロの木

チェロの木 長い長い年月をかけて育った木。 その木から作り出されたチェロという楽器。 その楽器を作る人。大切に奏で続ける人。 ゆったりとした大きな時の流れを感じるストーリーと いせひでこ さんの素晴らしい絵に震える。

さぼてん

さぼてん (講談社の創作絵本) 独特な雰囲気の絵と不思議な生き物たちが印象的な絵本。 悪気はないのに、一生懸命になり過ぎて 過干渉&過保護になり過ぎて・・・。 頑張り過ぎのパパさん、ママさんにぜひ読んでほしい絵本です。 我が家にやって来たワンコに…

たからもの

たからもの シュルヴィッツ氏らしい、静かで落ち着いた絵がすごく印象に残る絵本。 灯台下暗し。でも、人生に無駄なことなんて一つもない。 夢を信じる人と夢を信じた人を笑う人。いろいろと深い・・・。 長い長い旅をするおじいさんの柔らかな表情がステキ…

たまご

たまご‐L’OEUF (ガブリエル・バンザンのえほん) 文字のないモノクロの絵本です。 うさこちゃんでも何でも、字のない絵本は無限の想像力を掻き立てるけれど、 この絵本もスゴイ!! 難しく考えすぎる大人より、子どもの方が楽しめるかも?

ぼくのキュートナ

ぼくのキュートナ ぼく からキュートナへの15通のラブレター。 絵本のサイズも絵も内容も、すべてがカワイイー!! 胸きゅんって、こういう気持ちなんだなぁ。 こんな素敵なラブレター、私にはもう誰もくれないんで自分で買ってしまった・・・。 息子に彼女…

もどってきたガバタばん

明るく力強い絵がとってもステキなエチオピアの絵本。 アフリカの雰囲気を味わいながら 『わらしべ長者』のような展開を楽しんでいると、 ラストがすっごくいい感じ! そして、もう一度読みたくなる・・・。 ついでにエチオピアについてもサラッと Wiki でお…

船を見にいく

船を見にいく 世界中をゆっくり旅する大きな船。 飽きることなく船を見続ける少年。 少年と両親のステキな関係。 過去も荷物も持たない旅人。 読み手の想像力をかきたてる何かがいっぱいな、映画みたいな絵本です。 そして何より絵がすっごくいい!

ぱーおーぽのうた

ぱーおーぽのうた 生命力がみなぎる明るくダイナミックな絵と リズミカルな詩が素晴らしくマッチした絵本。 大きな声で読みたい絵本です。 遠目の効く(というか、ちょっと離れて観た方が迫力が伝わる)絵は 大勢への読み聞かせにもピッタリ!

すばらしいみんな

すばらしい みんな ルイ・アームストロングの名曲『What a Wonderful World』を表現した絵本。 明るくてカラフルな絵が、すごく幸せな気持ちにしてくれます。 歌詞を訳したアーサー・ビナード氏のあとがきがいい。 「『ちっともすばらしくない世界』を前にし…

よふかしにんじゃ

よふかしにんじゃ 外国の作者さんが作り上げた忍者絵本。 切り絵のコラージュがハイセンス~!! 見たことのないテイストに唸らされます。 後半の展開に大うけ!! 大勢への読み聞かせでも盛り上がりそうです!

ニットさん

ニットさん (こどもプレス) マルチドットの表紙を見ただけで癒されてしまう絵本ですが、 ストーリーにはいい意味で期待を裏切られます。 なんだかスゴイ展開!! なのにラストはほっこり。 メリヤス編みを切り抜いた絵がとにかくカワイイので プレゼントにも…

ぬまばばさまの さけづくり

ぬまばばさまの さけづくり (世界傑作絵本シリーズ) とーってもステキなデンマークの絵本。 絵が! お話しが! すっごーくいい!! 春にこの絵本を読んだら、夏は絶対、 沼にたちこめるモヤを見に行きたくなりますよ~。 決して可愛くはない ぬまばばさま が…

ジェドおじさんはとこやさん

ジェドおじさんはとこやさん 黒人というだけで様々な差別を受けていた時代に 自分の夢を持ち続け、それを叶えたジェドおじさんのお話。 どんな試練にもくじけない、前向きな姿に勇気をもらえます。 夢を叶えたおじさんの幸せそうな様子にほっこり。 重厚で美…

もものき なしのき プラムのき

もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 三匹のクマやシンデレラなど、おなじみの童話や絵本の主人公たちを探す隠し絵絵本。 ふんわりと明るい絵がすごっくステキで、ページをめくるたびにワクワク! まだ読んだことのない主人公たち…

トイレのおかげ

トイレのおかげ (たくさんのふしぎ傑作集) いろいろな国のいろいろな時代のいろいろなトイレを紹介した絵本。 ページをめくるたびに受ける衝撃がすごい! リアルに想像するとさらにスゴイ!! 当り前だけど、有名な歴史上の人物たちもみーんな動物なのね~。…

ぼくはうちゅうじん-ちきゅうのふしぎ絵本

ぼくはうちゅうじん (ちきゅうのふしぎ絵本) 未就学児でも十分理解できる丁寧な説明で、宇宙のことを結構詳しく書いた絵本。 仲良しほっこり家族の会話と はしこうたろう さんのステキな絵に引き込まれます。 この夏は、キャンプに行って星空を眺めたいなぁ…

マクドナルドさんのやさいアパート

マクドナルドさんのやさいアパート 萎れたトマトの苗が、水をやり、陽をあてたら生き生きと蘇った事をきっかけに、 野菜づくりに目覚めてしまったアパートの管理人さんのお話。 野菜だけが優しく色づけされた絵がとってもお洒落! お話の展開も最高です!

ぼくはおこった

ぼくはおこった (児童図書館・絵本の部屋) すごいスケールですごくインパクトのある絵本。 とにかく一人で怒りまくる主人公。 その怒り方がハンパない!! これ、最後はどうなっちゃうの〜?! とページをめくると…、 オチが最高でした!

数の悪魔

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜 お洒落でカワイイ絵がとってもステキな数の本。 数の不思議、数の魅力がつまった短編集です。 数学嫌いな私でも楽しくスラスラ読めました。 算数嫌いな主人公に共感する子は多そう。 この本を読んだからといって、テス…

どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと タンザニアの草原で、ヌーの子どもが、お母さんを殺して食べたライオンを訴えた。 いろんな動物の証言から浮かび上がる真実が目から鱗の絵本です。 自然界って、ものすごいバランスの上に成り立っているんだなぁ。 弱肉強…

パイルドライバー

パイルドライバー (fukkan.com) めちゃくちゃロックな絵本です。 えっちゃんが大好きなブンくんの切ない恋心。 世の中でいろんな事が起きても変わる事のない恋心。 まさか、こんな展開とは! えっちゃん、カッコええ〜!! 恋に目覚めた高学年への読み聞かせ…

名前のない人

名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集) 急行「北極号」で有名なクリス・ヴァン・オールズバーグ氏の作品。 光と色彩が美しい、映画みたいな絵本です。 ミステリアスな展開と何とも言えない読後の余韻。 いいわー。好きだわー。

ゴナンとかいぶつ

ゴナンとかいぶつ モンゴルで昔から語り継がれてきた抒情詩をもとにした絵本。 ストーリーは「ももたろう」のモンゴル版! エキゾチックな絵がとても素敵です。 両者の最後の対決はモンゴル相撲。 土俵のないモンゴル相撲は、何日も勝負がつかないこともある…

博士の愛した数式

博士の愛した数式 (新潮文庫) ちょうど1年前、中学受験を終えた息子が小学校卒業の頃に読んでいた本。 私も再読。やっぱりすっごく面白い! レシートや車のナンバーなんかに興味を示す子は夢中で読んじゃいそう。 数式は美しく、数字ってあったかい。 数学が…

じゃがいも畑

じゃがいも畑 レトロでお洒落な表紙からは予想していなかった シビアな現実に目を向けさせられる絵本です。 貧しい母子家庭のお腹を空かせた子どもたちが、 お母さんが夜勤でいない満月の夜にしたことは・・・。 前半の疲れてやさぐれ気味のお母さんと 後半…

だくちるだくちる-はじめてのうた

だくちる だくちる―はじめてのうた (日本傑作絵本シリーズ) 一人ぼっちのイグアノドンが初めて聞いた 自分以外の生き物の音を「うた」と表現するのが素敵な絵本。 詩的なお話しと長新太さんの絵がピッタリ調和した 壮大で美しく、あたたかい絵本です。 遠い…

トムテ

トムテ 北欧で広く愛され続けているリードベリの詩に絵をつけた 北欧のベストセラー絵本。 とにかく詩の流れるようなリズムがステキで、 何度も声に出して読みたくなります。 厳しい真冬なのに、なぜかほっこり暖かい絵もすごくいい! 自分の家にもこんな小…

トヤのひっこし

トヤのひっこし (世界傑作絵本シリーズ) モンゴルの大草原に暮らす遊牧民一家のお引越しを描いた絵本。 主人公の女の子がちょうど娘と同じ年ぐらい(10歳前後?)で こんな風に暮らしている子もいるのかーと興味津々。 雄大ながらも細部まで描き込まれた優し…

庭にたねをまこう!

庭にたねをまこう! 庭づくりの楽しさがギューっと詰まった素敵な絵本。 フルカラーで描いたらものすごく賑やかな絵になるところを 4色で描いているのがすっごくお洒落~。 真夏のガーデンパーティーのページに「わぁ~&うっとり」 週末は、我が家の小さな菜…

おかめ列車

おかめ列車 表紙を見ただけで、読まずにはいられないインパクト! 恐る恐る読みだすと・・・、とにかく絵がレトロ可愛くてー! ナンセンスなぶっ飛び絵本ですが、なぜか読後はほっこり。 ヤバい、これはクセになる・・・。 続編はコチラです。 おかめ列車 嫁…

くまごろうのだいぼうけん

くまごろうのだいぼうけん 静かな森に住むくまごろう。 ひょっこり気球に乗り込んでしまい、大都会へ。 人間たちの先入観&勘違いで一躍有名人! スピード感のあるお話しに釘づけです。 カラフルでアートな絵もすっごくステキ。

なみだどろぼう

なみだどろぼう 大人っぽくて透明感のある絵がとっても素敵な絵本です。 いろんな人が、いろんな理由で流す涙を そっと集めるなみだどろぼう。 それぞれの涙が変化する宝石に娘と二人ですごく納得。 幻想的な月夜に是非親子で読んでください。

まるいちきゅうのまるいちにち

まるいちきゅうのまるいちにち―All in a day 安野光雅さんが、世界8カ国、8人の絵本作家に呼びかけて作った絵本です。 日本担当は林明子さん! 大晦日から新年にかけての数日間の様子が同時進行で描かれています。 時差や気候、風習の違いがわかってすごく…