読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきになったら

すきになったら 繊細な絵がとっても素敵な絵本です。 誰かを好きになるって、まさにこんな感じ!! この気持ちがわかる小学生は なかなか、いないだろなぁ。 一番は〇〇、二番は△△、三番は… とかやってるようじゃね。

ぎょうざのひ

ぎょうざのひ (日本の絵本) 昭和な雰囲気プンプンの絵がかなりツボな絵本。 何か癒される~。そして元気がでる~。 娘のリクエストで、もちろん今夜は餃子です!

のら犬

のら犬 (絵本・新美南吉の世界) 何とも言えない不思議なお話しとステキな版画にグイグイと引き込まれます。 読み終えた後は、なぜかもう一度、読んでみたくなる。 新美南吉さんの作品。深いです。

ゆき

ゆき (ほるぷ創作絵本) ゆきの表現がすばらしく素敵な絵本。 時に激しく、時にやさしく。雪の魅力がたっぷり。 きくちちきワールド、ハマります・・・。 銀座・教文館のきくちちき原画展に行ってきました! 原画も素晴らしかった〜。 サイン本を購入できてル…

ガラスめだまときんのつののヤギ

ガラスめだまときんのつののヤギ―ベラルーシ民話 (日本傑作絵本シリーズ) とにかく、スズキコージさんの絵が見ごたえあり! の絵本です。 迫力満点なのに遊び心もあって楽しい!! 繰り返しのリズムが心地よく、森に棲む猛者たちに続いて、 一番最後に登場す…

エイモスさんがかぜをひくと

エイモスさんがかぜをひくと 優しい絵がとっても素敵な絵本です。 静かで満ちたりた雰囲気に癒されます。

おそらに はては あるの?

おそらに はては あるの? 暗い夜の訪れが、空に果てがあることの証拠?! なるほど、確かにー!! でも、空の果てってどこなの? 果ての先はどうなってるの? 読み終わった途端、???がいっぱい湧き出すスゴイ絵本です。

ふたり

ふたり 今どきな小学生たちのリアルさと 永遠に不変な甘酸っぱい恋が絶妙に入り交じったストーリー。 本好きな二人が、本を通じて謎解きをしていく展開が素敵です。 読みやすいテンポと清々しい読後感は 恋する小学校高学年にピッタリ!

くらいところからやってくる

くらいところからやってくる (講談社の創作絵本) 家族が寝静まった夜に一人でトイレにいく怖さを描いた絵本。 でもね、暗いから見えるもの、感じられることもあるんだよ。 読後は暗闇があたたかく感じられる絵本です。 一人でトイレに行けない子にオススメ!

きょうはそらにまるいつき

きょうはそらにまるいつき スーパームーンの夜に感じる気持ちは、まさにこんな感じ!! 美しい月夜を美しい絵で描いたとっても素敵な絵本です。

へんなどうつぶ

へんなどうつぶ 子どもたちの人形(しかも、よい子の人形ならなおグッド!) を食べることが大好きな、不思議ないきもの「どうつぶ」のお話し。 とにかく絵がいい! モノクロなのに、なに? このほっこり感。 そして、ちょっと訳わかんないストーリーに引き…

みんなうまれる

みんなうまれる ものすごくインパクトのある絵本。 感性が刺激されます。 とにかく明るく、希望しかない感じがすごくいい。

300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート

300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート 絵がとーっても好みで借りてきた絵本ですが、 内容も素晴らしかった!! 「ブラックベリー・フール」というお菓子を作る親子の様子を 300年前に遡り、100年ごとに紹介するというもの。 材料の調達方法や…

ちいさなちいさな王様

ちいさなちいさな王様 ミヒャエル・ゾーヴァさんの挿絵と アクセル・ハッケさんのストーリー。 ちいさな王様がかわいくて、お気に入りの本になりました。 大人になるって、歳をとるって何だろう? と深く考えさせられる一冊。 思春期に読んでほしいなぁ。

ワニのオーケストラ入門

ワニのオーケストラ入門―絵本 学校の金管部に入ろうかどうか迷っている娘にドンピシャの絵本! 楽器が一つ一つ、個性的かつユーモアたっぷりに紹介されています。 緻密な絵もとってもステキです!

ゆめくい小人

ゆめくい小人 (世界の絵本) とにかく絵がとーっても素敵な絵本! 眺めるだけでウットリ。 ミヒャエル・エンデの世界観にどっぷりと浸れます。

おーい ぽぽんた

おーい ぽぽんた 声で読む日本の詩歌166 ボブ・ディラン氏のノーベル文学賞受賞に賛否両論。 でも、この本を読むと、詩も俳句も短歌も、 文学だなぁと思いますよ。 当たり前だけど。

おかのうえのギリス

おかのうえのギリス (大型絵本) 生き生きとしたモノクロの絵がとっても素敵な絵本。 スコットランドの雰囲気が味わえます。 お話しも面白い! そして何故か、ギリスの本名が長~い! まぁ、寿限無には負けますが・・・。

ジュマンジ

ジュマンジ 映画の原作になった有名な絵本を初読。 臨場感あふれる絵に私も娘も釘付け! 作者はクリス・ヴァン・オールズバーグ。 さすがです。

カペリーちゃん

カペリーちゃん ネットで話題になっていた絵本を借りてみた。 「ジワる」、わかる〜!! 突っ込みたいのに突っ込めない。 この感じ、かなりツボ。 昼休みに3回も読んでしまった。 子どもより大人がハマります。

うろんな客

うろんな客 エドワード・ゴーリー作品の中では珍しい、死の匂いがまったくしない絵本。 むしろ笑える!! 原典よりいいかも? ってくらい、訳が本当に素晴らしい。 あとがきまで、とっても楽しめる大人の絵本です。

いろいろへんな いろのはじまり

いろいろへんないろのはじまり 色のない世界から単色の世界へ、最後にわぁ〜!! 絵は細かいけれど、ページ全体にインパクトがあるので 大勢への読み聞かせにもピッタリ。 色の三原色のことが間接的にわかるのもいいです。

すきまのじかん

すきまのじかん 朝と夕、太陽と闇が入れ替わるほんのわずかな幻想的な光を とっても素敵な絵とストーリーで表現した絵本。 写真愛好家にとっては「マジックアワー」として有名な時間。 誰が何を撮っても、すっごく美しい写真が撮れますよ。 ぜひお試しくださ…

みてるよみてる

みてるよみてる 子どもなら誰もが、ギクッ! ドキッ!! の連続間違いなし!!! 悪い子の自分を客観的に見られる絵本。 悪い子ちゃんは世界共通なのね~。

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7)) 遠い北の町で暮らす大きいおばあちゃんとの温かい交流を描いた絵本。 今夜は月とお話ししてみよう! そんな気持ちになる絵本です。 遠目の効く絵がとてもキレイなので、大勢への読み聞かせに…

バスにのって

バスにのって 繰り返しのリズムが心地よい絵本。 異国情緒あふれる絵とのんびり、ゆっくりが素敵です。

クマの名前は日曜日

クマの名前は日曜日 小さいころ特有の玩具(主にぬいぐるみ)とのコミュニケーションが ふんわりと温かく、でもちょっとシュールに描かれています。 挿絵がとっても好き!! クセになりそうな素敵な本です。 *** 娘(小3)の感想 *** ある男の子とク…

ナマケモノのいる森で

ナマケモノのいる森で フランス発の仕掛け絵本。 すっごくお洒落なスタイルながら、内容も深い。 立体の絵本だからこそダイレクトに伝わる展開にじ〜ん…。 プレゼントにもぴったりです。

あけるな

あけるな この表紙に谷川俊太郎さん&安野光雅さんと来たら、 もう開けずにはいられない!! 期待を裏切らない大人の絵本です。

ふしぎなふしぎなミクロの世界

ふしぎなふしぎなミクロの世界 小3の娘が何度も手に取っていた本。 光学顕微鏡&電子顕微鏡でしか観ることのできない インパクトありすぎ!! の色彩豊かな写真の数々に釘付け。 被写体が身近なものすぎて二度ビックリ。

へびのクリクター

へびのクリクター 一人息子からの送られてきたプレゼントは、なんとヘビ! おばあさんとヘビの暮らしぶりがとっても微笑ましい。 最後はクリクターの意外な一面が見られて大満足!

エミリー

エミリー 誰とも会わず、何年も家に閉じこもっている謎の女性と お向かいに住む少女との不思議な交流を描いた絵本。 謎の女性エミリーの強さとはかなさを描いた絵がとっても素敵です。 コルデコット賞受賞作。

さかさ町

さかさ町 タイトル通り、何もかもが逆さまな町のお話し。 逆さまなことにはきちんと理由があって、その理由が面白い。 言われてみれば「確かに~!」の連発! 発想の転換って大事だなーと思わせてくれる深いお話しです。 平成28年度読書感想文課題図書らしい…

ドワーフじいさんのいえづくり

ドワーフじいさんのいえづくり (フレーベル館の秀作えほん) 建築家でもある青山邦彦さんが描いたいえづくりの絵本。 家づくりを手伝ってくれる森の動物たち。 もちろん、タダでは手伝いません。 シンプルな家に、どんどん、どんどん部屋が増えていって・・・…

おやすみなさい

おやすみなさい 少しずつ町が眠りについていく様子を描いた 寝る前の読み聞かせにピッタリの絵本。 とっても可愛くて繊細な絵が素敵です。 読んでいる大人も癒されますよ〜。

エマおばあちゃん

エマおばあちゃん もう、この絵本、大好き!! バーバラ・クーニーさんの絵がピッタリで素敵すぎる~! 画才は全くないけれど、私もこんな老後を過ごしたいな~。 とりあえず、ソーイング三昧かな?

おじいちゃんの口笛

おじいちゃんの口笛 とーってもステキなお話しに、とーってもステキな絵。 血のつながりはなくても、人ってつながれるんだな~。 かわいくて、切なくて、ホッコリする絵本です。

ものいうほね

ものいうほね (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 表紙の絵がとっても綺麗で、癒しを求めてジャケ借りした絵本。 読み進めると・・・、 何だろう、この展開。 何だろう、この不思議な感覚。 初めて出会うシュールさにハマります。

そおっと そおっとね

そおっとそおっとね (せいかつ・えほん) 絵がすっごくカワイイ赤ちゃん絵本。 つま先立ちがキュート!!

かぼちゃひこうせんぷっくらこ

かぼちゃひこうせんぷっくらこ (えほんライブラリー傑作選 9) かわいい絵と冒険心をくすぐるストーリーがステキな絵本です。 流れに身を任せて、その時その時の状況を楽しむクマくんたちがすごい。 大冒険! のはずなのに、なぜかゆったりした気持ちになりま…

きみへのおくりもの

きみへのおくりもの 『ぴっぽのたび』で赤を絵がいた刀根里衣さんの青の絵本。 幻想的なブルーの世界にどっぷり浸れます。 シロとクロ。2匹の猫の優しさと思いやりがステキです。

あみだだだ

あみだだだ (日本傑作絵本シリーズ) 元永定正さんの絵と谷川俊太郎さんの詩という 贅沢すぎるコラボレーション。 感性が刺激されないはずがない。 線をなぞってみたいお年頃にピッタリの絵本です。

あかり

あかり 静かな絵とストーリーに、じんわりと満たされる絵本。 読後の幸福感がすごく高いです。 テーブルにロウソクを灯しながら読んであげてもいいかも。

みずたまレンズ

みずたまレンズ (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) マクロレンズを持って雨上がりにお散歩したくなる絵本です。 虫になった気持ちでみずたまをのぞいてみると・・・。 綺麗な写真とワクワクがいっぱい!! 感性が刺激されます!

王さまライオンのケーキ はんぶんの はんぶん ばいの ばいの おはなし

王さまライオンのケーキ はんぶんの はんぶん ばいの ばいの おはなし 表紙のライオンのイケメンっぷりにジャケ借りした絵本。 実は算数(かけ算&わり算)のお話しでもあるのだが、 絵がステキだし、登場する動物たちも個性的ですっごく面白い! いろんなこ…

石のきもち

石のきもち―この星の上で 娘が借りてきた絵本。 村上康成さんらしい目線で森を見つめています。 石を見る目が変わりますよ! ***娘(小3)の紹介文*** ずっと前からあった石、恐竜時代からあった石、 一体何十億年前からあったのでしょう? 貴方も石…

ぴっぽのたび

ぴっぽのたび すべてのページがポスターになりそうな絵本。 それでいて、やり過ぎ感もなく、重すぎもせず、 フンワリと1年を駆け巡る浮遊感がとってもステキ。 眠れない夜にオススメです。

いえでをしたくなったので

いえでをしたくなったので (海外秀作絵本) 表紙以外はすべてモノクロで描かれた絵がお洒落カワイイ! 文章も繰り返しのリズムが心地よく、声に出して読みたい絵本です。 家出先を転々としなければならないハプニングも面白い! ストーリーは大勢への読み聞か…

クッツさんのくつ

クッツさんのくつ 個性的な絵がとってもステキな絵本。ハンドメイド好きにとってはたまらないワクワクするお話が、突然まさかの展開に! 裏表紙の絵に救われます。

王子のきつね

王子のきつね (古典と新作らくご絵本) 大好きなイラストレーター原マスミさんが絵を描いた絵本。 落語独特の間がしっかり絵で表現されていて、とってもいい感じです。