読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文庫本

動物の値段

動物の値段<動物の値段> (角川文庫) 現役の動物輸入商が面白く真面目に語る動物話。 水族館や動物園の動物にも値段がある! という当たり前なのに目から鱗のお話しが満載。 なかなか知ることのできない動物ビジネスの実態が非常によくわかって面白い。 命で…

算法少女

算法少女 1 (SPコミックス) 新小4娘が興味を持つかな~とコミック版を買ったら、 新中2息子がハマっている。めちゃくちゃハマっている。 紙と鉛筆を片手に江戸時代の難問に片っ端からチャレンジ中。 算法とはアルゴリズムのことで、 今夢中になっているプ…

博士の愛した数式

博士の愛した数式 (新潮文庫) ちょうど1年前、中学受験を終えた息子が小学校卒業の頃に読んでいた本。 私も再読。やっぱりすっごく面白い! レシートや車のナンバーなんかに興味を示す子は夢中で読んじゃいそう。 数式は美しく、数字ってあったかい。 数学が…

戸村飯店 青春100連発

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) 中1の息子が楽しそうに読んでいた本。 故郷を離れたことがある人はいろいろ感じることがありそう。 東京者の私は、外から見ると東京ってこんな感じなのかー と面白かったです。 家族のなんとも言えない距離感がなんとも言…

ツナグ

ツナグ (新潮文庫) 中1の息子に借りて読んだ本。 短編ぽくて読みやすく、お話しもバラエティ豊か。 そして、最後は見事にぜーんぶ繋がっている。 初めての作家さんだけど、夢中で読破してしまった。 中高生が死と向き合うのにピッタリです。 本好きなら小6…

穴 HOLES

穴 HOLES (講談社文庫) 小6の息子が夢中で読んでいた本。 すっごく面白いです!

夏の庭―The Friends

夏の庭―The Friends スタンドバイミーの日本版みたいなお話。 爽やかな涙が溢れます。 「命」がテーマの6年生向けブックトークで紹介予定。

ぼくらのサイテーの夏

ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫) 日本中の小学6年生男子に読んでもらいたい本。 新小6の息子も夢中で読んでいた。 読後感がすがすがしい~!!

カラフル

カラフル (文春文庫) 中高校生向けだけど、すっごくいいお話。 「不倫」と「援助交際」が理解できていれば 小学校高学年でもいけるかな。早熟な子向き。