読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと タンザニアの草原で、ヌーの子どもが、お母さんを殺して食べたライオンを訴えた。 いろんな動物の証言から浮かび上がる真実が目から鱗の絵本です。 自然界って、ものすごいバランスの上に成り立っているんだなぁ。 弱肉強…

トヤのひっこし

トヤのひっこし (世界傑作絵本シリーズ) モンゴルの大草原に暮らす遊牧民一家のお引越しを描いた絵本。 主人公の女の子がちょうど娘と同じ年ぐらい(10歳前後?)で こんな風に暮らしている子もいるのかーと興味津々。 雄大ながらも細部まで描き込まれた優し…

じがかけなかったライオンのおうさま

じがかけなかったライオンのおうさま インテリな雌ライオンに恋をしたライオンの王様。 字が書けない王様はラブレターの代筆を動物たちに頼みますが・・・。 何となく予想できる内容と「ちがーう!!」の繰り返しが楽しいです。 そして、所々にサラッと書か…

おばあさんのしんぶん

おばあさんの しんぶん 出雲市長だった岩國哲人さんの少年時代を描いた絵本。 尽きることのない知的好奇心と それを支えてくれる人たちとの素晴らしい出会い。 恵まれ過ぎた今の子たちにぜひ読んで欲しい絵本です。 遠目の効く優しい絵は大勢への読み聞かせ…

ちいさなはくさい

ちいさなはくさい (にじいろえほん) 春が待ち遠しい季節に読みたいあたたか~い絵本です。 畑の端に根付いたちいさな白菜。 みんなと一緒にトラックに乗って、八百屋さんに並びたい! でも、その願いが叶うことはなく・・・。 取り残された小さな白菜のその…

しんぞうとひげ-アフリカの民話

しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本) アフリカの民話をベースにした絵本です。 「おなかがへった、はらへった。 きのうもはらぺこ、きょうもはらぺこ。 たべたい、たべたい、たべたい、たべたい。」 セリフだけ読むと切なくなるけれど、 色鮮やかで力強い絵…

トンちゃんってそういうネコ

トンちゃんってそういうネコ 迫力のある独特の絵がインパクト大! 3本足の猫の絵本です。 他の猫とちょっと違うし、出来ないこともいくつかあるけど、 ありのままの自分を受け入れて、満足、満足。 みんな、こんな風になれたらステキだな~。 英訳は、何か…

ガスこうじょうききいっぱつ

ガスこうじょう ききいっぱつ (ポプラ社の絵本) 本を開いた時と閉じた時の気持ちに落差がありまくりの絵本。 大真面目に働くおじさん達の絵がリアルで、 自分の身体の中を想像すると不思議な可笑しさ! 子どもたちが何回も読んでいました。 大勢への読み聞か…

そらいろ男爵

そらいろ男爵 第一次世界大戦開始から100年目の2014年に フランスで出版された絵本。 戦争に駆り立てられた、空と本と平和を愛する そらいろ男爵がとった行動は・・・。 LOVE & PEACE 満載の絵本です。 お洒落で遠目の効く絵は高学年への読…

くれよんからのおねがい!

クレヨンからのおねがい! あるある感満載の面白いお話し。 遠目の効くカワイイ絵は大勢の読み聞かせにもピッタリ。 毎日クレヨンで遊んでいる低学年はもちろん、 ちょっとクレヨンから遠ざかっている高学年こそ このクレヨンたちの気持ちがわかるかも! 明日…

せかいいち大きな女の子のものがたり

せかいいち大きな女の子のものがたり 細部まで丁寧に書かれた迫力のある絵がとってもステキな絵本。 すこし長めのお話しですが、スケールの大きなスゴイ展開に 最後までグイグイと引き込まれます。 読後、特に女子はスカッとした気分になれますよ~。 最後の…

おそらに はては あるの?

おそらに はては あるの? 暗い夜の訪れが、空に果てがあることの証拠?! なるほど、確かにー!! でも、空の果てってどこなの? 果ての先はどうなってるの? 読み終わった途端、???がいっぱい湧き出すスゴイ絵本です。

でんせつでんがらでんえもん

でんせつでんがらでんえもん (かこさとし むかしばなしの本2) (かこさとし・むかしばなしの本) 1978年に出版された絵本の復刊版です。 途中までは何となく想像どおりで安心して読めるのですが・・・、 最後の結末が、ひぇー! こえー!! 大勢への読み聞かせ…

ありがたいこってす!

ありがたいこってす! 中・高学年への読み聞かせにピッタリな絵本です。 実は何も変わっていないのに・・・、 ものは考えようだな~というお話。 ハチャメチャな展開に子どもたち大ウケ! わたなべ しげお さんの訳がとってもいいです。

いやだいやだのスピンキー

いやだいやだのスピンキー スピンキーのへそ曲げっぷりがもの凄い絵本。 うちの子どもたちも相当なへそ曲がりなので、 スピンキーの家族に同情してしまった。 意地をはりすぎて引っ込みがつかなくなったときの どうしようもない気持ちに子どもたちは共感しき…

チュンチェ

チュンチエ―中国のおしょうがつ 絵もお話しもすっごく素敵な絵本です。 旧正月にもう一度、読みたいなー。 ブックトークや高学年への読み聞かせにもピッタリ!

ロバのシルベスターとまほうの小石

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋) タイトル&かわいい絵からは想像もつかない深~いお話し。 私も子どもたちも大好きな絵本です。 子どもはシルベスターに、親はパパ&ママに感情移入してドキドキ! 遠目の効く絵がとっても綺麗な…

ぜっこう

ぜっこう (からだとこころのえほん) 表紙とタイトルがすごい迫力の絵本。 毎日のように大親友と絶好している娘が食い入るように読んでいました。 読み聞かせにもピッタリ。 表紙を見せただけで教室中が静まりかえります。 子どもたちの気持ちをくみ取る先生…

むしをたべるくさ

むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本) 子どもたちが大好きだった絵本。 子どもって本当に食虫植物が好き! それにしてもすごいなー。 くさにも脳みそがあるんじゃないかと思ってしまう。 写真もキレイで見やすいの読み聞かせにもいいかも。

おふろじゃ おふろじゃ

おふろじゃ おふろじゃ 丁寧で繊細な絵がとーっても美しい絵本。 ストーリーや言葉のリズムも楽しくって盛り上がる! 読み聞かせにもピッタリです。

ウエズレーの国

ウエズレーの国 こんな風に、たくましく生きてほしい! 夢と希望と勇気がもらえる、とってもポジティブな絵本。

どんなかんじかなあ

どんなかんじかなあ 表紙の絵からは想像もつかない、ものすごく深い絵本。 図書館で読んでいたら、涙が止まらなくなって困った・・・。 高学年の子どもたちに読んでほしい。 読み聞かせやブックトークにぜひ。

ものぐさトミー

ものぐさトミー (岩波の子どもの本) 電気仕掛けの家に住むトミー。 何もかもが全自動! でも、ある日突然、停電になって・・・。 娘も息子も大うけの絵本。 高学年の読み聞かせボランティアでも紹介したいんだけれど、 如何せん本が小さくて遠目が効かないの…

あかいセミ

あかいセミ (えほんのもり) 4年生への読み聞かせで読んだ絵本。 「夏休みに、文房具屋さんで消し ゴムをぬすんでしまった、ぼく。 赤い消しゴムをみていたら、だんだん 怖くなってきた。 イライラして、八つ当 たりして、 ぼくは、どんどん悪い 人間になって…

視覚ミステリーえほん

視覚ミステリーえほん 読み聞かせボランティアの定番中の定番。 どの学年で紹介しても盛り上がりそうだけど、 理科がはじまる4年生がいいかなー。

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった 3年生への読み聞かせボランティアで読んだ絵本。 まわりの目が気になる微妙なお年頃の女の子にピッタリ! 絵がすごくインパクトありなんで、みんな楽しんでくれたけれど、 この絵本の深いテーマを感じられるの…

光の旅 かげの旅

光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚) 4年生の読み聞かせボランティアで読んだ絵本。 最後のページにたどり着くと、絵本をひっくりかえして前のページに戻っていく。 本当によくできた しかけ絵本。何度読んでも感心しきり。 子どもたちの反応もす…

時計つくりのジョニー

時計つくりのジョニー とってもステキな絵本。 高学年への読み聞かせにピッタリ。 好きなことをトコトン! のすごさが伝わります。

ピリカ、おかあさんへの旅

ピリカ、おかあさんへの旅 (日本傑作絵本シリーズ) 読み聞かせにもブックトークにもよい絵本。 命をつなぐすごさがよくわかる。

地球をほる

地球をほる マントルを斜めに掘ってケンタッキー州に行こう!という壮大なお話。地中に埋もれているいろんなものを見つけて反応してくれる子どもたち。お話に集中しているのでいつのまにか本が180度回転していることには気付いていない。しめしめ・・・。…

めでたしめでたしからはじまる絵本

めでたしめでたしからはじまる絵本 4年生への読み聞かせで好評だった。 タイトルどおり、いきなりハッ ピーエンドからはじまり、 時間 を巻き戻すようにストーリーが 展開していくパロディ絵本。 裏表紙の絵まで、ちゃんとお 話がつながっているので、 読み…

4こうねんのぼく

4こうねんのぼく (そうえんしゃ・日本のえほん) 一晩に、3回読んで3回泣いてしまった絵本。 明るい絵と関西弁からは想像もしなかった展開に息をのみました。 読み聞かせは、この絵本がの深さがわかる4年生以上がおススメ。 この本は、どうしても関西弁で…

しにがみさん

しにがみさん 4年生への読み聞かせに選んだ1冊。 ハラハラ・どきどきしながら読み進めると・・・、 最後は「えっ・・・??」