うるうのもり

うるうのもり 絵とお話。どちらも引き込まれ方が半端ない! 切なくて、哀しくて、優しい。 何度も何度も読み返したくなる絵本です。

アンジェロ

アンジェロ 壁塗り職人のアンジェロと鳩のシルビアの温かい交流が丁寧に描かれたステキな絵本。 古い教会の修繕にかける職人としての誇りが素晴らしい。 傷ついたり弱ったりした時、互いを思いやる優しい気持ちにじーん…。 心がとっても温かくなる絵本です。

おおやまさん

おおやまさん (えほんのぼうけん57) 幼稚園のバスの運転手をしているおおやまさんは、いつもすごく怖い顔。 でもね、子ども達はちゃーんと見ているのです。 おおやまさんの本性を。 不器用なおおやまさんの本当の姿にグッとくる絵本。 子どもの観察力って本…

ケイティとひまわりのたね

ケイティとひまわりのたね (ケイティのふしぎ美術館) すごく素敵な発想の絵本! 美術館に展示してあった有名な絵画の中に引き込まれてしまう女の子ケイティ。 絵の中の人物たちも飛び出してきて大騒ぎ! 後期印象派の画家ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌの絵が…

かがみの孤城

かがみの孤城 天邪鬼なので流行りモノは5年くらい寝かせる事が多いのだが、夫に勧められて手にした本。 家事も育児も放ったらかしで一気に読んだ。 めちゃくちゃリアルな主人公の日常にファンタジーとミステリーが絡み合い、怒涛のラスト前と余韻を残す素晴…

日曜日島のパパ

日曜日島のパパ (ヴィンニ! 1) スウェーデン発の児童書。 ボーイッシュでやや早熟な8歳の女の子ヴィンニが主人公。 離婚して普段は離れて暮らすパパと過ごす夏休みのお話し。 ちょっと変わりもののパパがとってもいい味出してます。 子ども目線で書かれたス…

エンザロ村のかまど

エンザロ村のかまど (たくさんのふしぎ傑作集) 電気も水道もないケニアの村で、地元で調達できる材料で自分達で作れるかまどを考案し普及させた日本人女性のお話し。 焚火で一つのお鍋を煮ていた生活に大きな変化をもたらした三口のかまど。 飲み水を気楽に…

ぼくのおじいちゃん

ぼくのおじいちゃん 見開きで半分ずつ、ぼくのおじいちゃんの生活と同じアパートに暮らす働き盛りのライトさんの生活が描かれた絵本。 おじいちゃんの暮らしの豊かで楽しそうなこと! おじいちゃんも若い頃はライトさんみたいに暮らしてたのかな? 私もこん…

うちのねこちゃん

うちのねこちゃん (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 7) おしゃれが大好きなねこちゃんのちょっとロマンチックなお話し。 パステルカラーの優しい絵がとってもかわいい! おしゃまで気分屋のうちのねこちゃん。 猫好きにはたまらない絵本です。

たまごってふしぎ

たまごって ふしぎ (講談社の翻訳絵本) 版画のような独特の風合いの絵に釘付け! どのページもポスターにして飾りたくなるようなお洒落な絵本。 原題『Who's In The Egg?』の通り、いろんな卵からいろんな生き物が産まれてきてワクワク。 科学絵本ではないけ…

夏がきた

夏がきた 海辺の田舎町におとずれた夏を鮮やかに描いた素敵な絵本。 細やかに描き込まれたディテールが郷愁を誘います。 抜けるような青い空がまさに夏!! 夏の音を探してみたくなりますよ。 夏休み前にピッタリの絵本です。

ボタン

ボタン クローゼットの中の缶に保管されていたお母さんのボタン。 いろいろなボタンを手に取りながら、若かりし日のお母さんの思い出を空想する女の子。 個性的なボタンって、ホントにノスタルジック! 女の子の気持ちがわかるわー。 お洒落好きな子はきっと…

カエサルくんとカレンダー

カエサルくんとカレンダー (福音館の科学シリーズ) 可愛らしい絵とは裏腹にとっても中身の濃い絵本。 2月はなぜ短いのか? という主人公の疑問をカエサル君がものすごく分かりやすく説明してくれます。 大人も楽しめるほど知識が満載ですが、丁寧なイラスト…

あっちの豚こっちの豚

あっちの豚こっちの豚 佐野洋子さんの没後に発見された絵をもとに再出版された本。 文明社会にどんどん飲み込まれていく豚と、それに違和感を感じながら傍観している豚。 幽体離脱か?! みたいなホラーっぽさがすごくいいです。 自分にとっての幸せって何だ…

ざっそうの名前

ざっそうの名前 (福音館の科学シリーズ) 刺繍で丁寧に描かれたたくさんの雑草たちがとっても愛らしい絵本。 刺繍の表現力がすごくて見入ってしまいます。 暑~い夏、スイカを食べたら雑草探しへGO~!

なくなったあかいようふく

なくなったあかいようふく (日本傑作絵本シリーズ) なんかレトロお洒落な絵本だなぁと手に取ったら、原画が描かれたのが昭和4年と知ってビックリ!! 右から読むカタカナ書きの看板も、トトロのメイちゃんがかけていた電話も、回想ではなくリアルタイムに描…

ふしぎなふしぎなまほうの木

さわってごらん ふしぎなふしぎなまほうの木 「さわってごらん」「ゆらしてごらん」と語りかけ、言われた通りにしてページをめくると…。 一本の木が少しずつ変化して、季節の移り変わりを感じることができます。 凝った仕掛けがあるわけではないのに、仕掛け…

おなかのなかで

おなかのなかで 弱肉強食の関係だったものたち。 窮地に陥った時に連帯感が生まれるという定番のストーリーなのだが、迫力のある絵とほっこりするラスト、動物たちの何とも言えない表情の変化にギャップ萌え〜。 とにかく、絵が素晴らしい! 原画展に行きた…

さいこうのいちにち

さいこうのいちにち (児童図書館・絵本の部屋) 成虫になったカゲロウが地上で生きられるのはわずか1日。 カゲロウの最初で最後の1日を美しい絵で描いた絵本です。 何もかもが最初で最後! 今、生きていることの凄さと命の儚さにじーん・・・。 今日という…

素数ゼミの謎

素数ゼミの謎 図書館で借りてこの本を読んでいた時にこのニュースが飛び込んできてビックリ! www.huffingtonpost.jp 長い歴史と算数からなる素数ゼミの複雑な背景がカラフルな絵とわかりやすい文章で書かれています。 子孫を残すという生き物の宿命。本当に…

栄光への大飛行

栄光への大飛行 飛行機で初めてドーヴァー海峡を渡ったルイ・ブレリオの伝記的絵本。 飛行機づくりの魅力に憑りつかれたパパの夢への挑戦物語! なんだけど、失敗しても大怪我しても、とぼけた表情のパパがユーモラスでかわいい。 レトロでお洒落な落ち着い…

こねこのミヌー

こねこのミヌー 大好きなフランソワーズさんの絵本。 パリに住むネネットの飼い猫ミヌーが行方不明になってしまうお話し。 町中を必死に探しまわるネネットの焦りと悲しみが切なくて、切なくて・・・。 ラストが何とももどかしい! でも、よかった。 ホッと…

ちいさなかぜは ふいてゆく

ちいさなかぜは ふいてゆく (日本傑作絵本シリーズ) 幻想的な絵がとってもステキな絵本。 全ページ、左側だけ見開きになっていて、開くとさらに素敵な一枚の大きな絵に。 今度はどんな絵が隠れているんだろう? とページをめくるたびにワクワクします。 詩の…

森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし

森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし 作者の祖父が5歳の時にカナダで経験した本当のお話し。 繊細なタッチの絵ですが、ものすごく臨場感があり、何とも言えない静かな迫力。 ストーリーの展開が素晴らしく、食べるもの、食べられるもの、…

しずかにあみものさせとくれ~!

しずかにあみものさせとくれ〜! (海外秀作絵本) 静かに編み物にをしたいのに、うじゃうじゃいる孫たちに邪魔されまくったおばあさんが家出をするお話し。 ハンドメイド好きとして、この気持ちはすっごーくわかるわー。 てくてく歩いて次々に目指す先のスケー…

たんぽぽはたんぽぽ

たんぽぽはたんぽぽ ぽかぽか陽気の日にぜひ読みたい春がいっぱい!の絵本。 繰り返しのリズムが可愛くてあたたかい絵とベストマッチ! そして、何気に奥が深い・・・。 「みんなちがって、みんないい。」の世界観が押しつけがましくなく描かれています。 ほ…

うみべのまちで

うみべのまちで 炭鉱の町で生きる家族を描いた映画みたいな絵本。 静かで、深い。

オレ、カエルやめるや

オレ、カエルやめるや カエルをやめて、フワフワした可愛い動物になりたいカエルの子と子の願望を一つ一つ丁寧に否定していくお父さんのやりとりが面白い絵本。 シンプルな絵とテンポの良いセリフに引き込まれます。 猫になりたいとか、お兄ちゃんは嫌だとか…

1999年6月29日

1999年6月29日 絵が大好きなデイヴィッド・ウィーズナーさんの絵本。珍しく文字が多い(というか普通の量)絵本ですが、起承転結がしっかりあって、すごく面白かった! 「空の上で野菜を育てるとどうなるか?」小学生の女の子が何ヶ月も試行錯誤して、ついに…

しまうまのさんぽ

しまうまのさんぽ (日本傑作絵本シリーズ) しまうま兄妹のお散歩をステキな発想で描いた絵本。 散歩中に見た事、した事、考えた事がしまうまの模様で楽しく表現されています。 それにしても、兄妹の仲がいいこと!! 一度もケンカしないとか、我が家の兄妹じ…