きょうはよいてんき

きょうはよいてんき ぽかぽかお天気に散歩していたキツネは、喉が渇いておばあさんのミルクを飲みほしてしまいます。怒ったおばあさんはナイフでキツネの尻尾をちょん切ってしまいました! 「ミルクをかえしたら尻尾をかえす」と言われて、牛にミルクをもら…

レイバンー光をもたらしたカラス

レイバン―光をもたらしたカラス アメリカ北西の先住民によって語り継がれてきたワタリガラスの伝説を描いた絵本。 トーテムポールに彫られているのは、このカラスだったのね~。 お話しのスケールの大きさとキレイな絵がピッタリの素敵な絵本です。 嫌われ者…

生きる(日本傑作絵本シリーズ)

生きる (日本傑作絵本シリーズ) 谷川俊太郎さんの静かで力強い詩と優しく温かい絵がとってもステキな絵本。 詩が絵を、絵が詩を引き立てあってグイグイと引き込まれます。 小さな子どもたちが「死にたくない」「絶対に死なないでね」と口にした時、 「お母さ…

ライオンをかくすには

ライオンをかくすには 明るく優しい絵がとってもステキな絵本。 ライオンのやさしさに気づき、必死に隠そうとするアイリスの可愛いこと!! お母さんに見つかってしまい、お話しが急展開! 最後のオチが洒落ています。 遠目の効く絵は大勢への読み聞かせにも…

ドングリ・ドングラ

ドングリ・ドングラ 噴火した海の向こうの山へー。どんぐりたちの大冒険を描いた絵本。 いろいろな木の実たちが長~い年月をかけて長~い道のりを旅するお話し。 隅々まで描き込まれた絵が見どころ満点です。 実はこのどんぐりたちの大冒険にはものすごい意…

こおり(たくさんのふしぎ傑作集)

こおり (たくさんのふしぎ傑作集) すごくワクワクする絵本。 透明な氷の作り方、色つき氷は作れるのか? など、身近な不思議からはじまって、地球をめぐる壮大な神秘に発展していきます。 サラッと読んだだけでは頭に入ってこないくらい難しいことを優しい色…

よぞらをみあげて

よぞらをみあげて 夜、なぜか眼が冴えて眠れない女の子は、夜中にこっそりベッドを抜け出して・・・。 少女の真夜中のプチ冒険を描いた絵本ですが、お母さんがとってもいいです。 大都会の屋上から眺める夜空と月に照らされた街並みや自然が、静かに美しく描…

わたしのそばできいていて

わたしのそばできいていて 字を読むことが苦手なマディは国語の音読の時間が大嫌い。 だって、みんなスラスラ読んで星のシールをもらうのに、マディはいつも「がんばりましょう」のハートのシールばかりで、つっかえるたびにクラスのみんなにクスクス笑われ…

もしも地球がひとつのリンゴだったら

もしも地球がひとつのリンゴだったら (絵本地球ライブラリー) これは面白い!大きな宇宙。長~い歴史。なんとなーくわかっているけれど漠然としているもの。これらの縮尺を変えて身近なものに置き換えると、イメージがこんなに具体的に!!世界中のお金を1…

空へ

空へ (Sunnyside Books) お父さんが突然死んでしまった家族のお話し。 お母さんとお兄ちゃん、小さな妹との3人暮らしがはじまる。 6年生から中1になった陽介の多感な時期を描いた連作短編集。 様々な悩みや葛藤を抱えた同級生たちとの交流の中に、ちょっ…

Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート

Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート 幻想的な絵がステキな刀根里衣さんの作品。 手のひらサイズの小さなカワイイ絵本です。 ***娘(小4)の紹介文*** 「今日は、寒いからホットチョコレートを作ろう!!」と思いました。 なので、…

白いのはらのこどもたち

白いのはらのこどもたち (おはなしパレード) 冬にピッタリの たかどのほうこ さんの絵本。 冬の野原でみつけた たくさんの自然。それについて面白・詳しく語ってくれる おばさん のお話しがとっても楽しいです。 わくわく&へ~が いっぱい! 寒~い雪の日も…

あかりをけして

あかりをけして 怒濤の年末年始が過ぎ去り、ホッと一息。 今日はこの絵本で盛り上がりました! 真っ暗な部屋が怖くて眠れない子ブタが、部屋のあかりを消しながらも安らかに眠る方法を考えた。 その方法の凄いこと!! 安心して眠りにつく子ブタちゃんがとっ…

どうぶつピラミッド

どうぶつピラミッド キレイな色使いでカラフルに描かれた動物がいっぱいの絵本。 ヤツガシラのフープーの誕生日パーティーにたくさんの仲間たちが駆けつけます。 絵本が巻物状になっていて、お話しを読み進めながらパタンパタンと下に広げていくと・・・、な…

マドレンカ

マドレンカ 絵が大好きなピーター・シス氏の作品。 乳歯がグラグラしてきた! というビッグニュースをご近所さんに知らせてまわる女の子のお話。 このご近所さんが国際色豊かですごい! ご近所一周が素晴らしい国際交流に! 個性的な登場人物が絵にピッタリ…

ぎょうれつ ぎょうれつ

ぎょうれつぎょうれつ (BOOKS FOR CHILDREN) 落ち着いたキレイな色の絵が素敵な絵本。 園児さんが大好きなオモチャのぎょうれつ が、とにかく長〜い! 何度呼んでもご飯に来ない子どもに対するお母さんのリアクションが素晴らしいです。 見習わねば!

ぬすまれた月

ぬすまれた月 (レインボーえほん (3)) 1963年に出版された絵本のリニューアル版。 盗まれた月が次々と人手に渡り・・・。 月の満ち欠けを利用したストーリー展開が楽しい! 所々に差し込まれた科学的な説明もとっても分かりやすい。 時を経ても何ら変わらな…

とびらをあければ魔法の時間

とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海) バイオリンでメヌエットが上手く弾けずに落ち込む少女。 ある日、お稽古に行きたくなくて、降りたことのない駅で途中下車してしまいます。 迷い込んだ町で見つけた不思議なお店は、「すずめいろどき」だけ営業し…

びっくりゆうえんち

びっくりゆうえんち タイトル通り、とにかくスケールが半端ない! 絶叫マシーンが苦手な子でも、こんなジェットコースターなら乗ってみたい~! となるはず?! 細かく描き込まれた たくさんのキャラクターや背景が楽しく、絵だけでも十分に楽しめます。

ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん

ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん 細部まで丁寧に描き込まれた絵がホントーに可愛らしい絵本。 木彫りのお百姓さん夫婦と船の船長さんと動物たちの表情の穏やかで温かいこと! たくさん描かれた草花の愛らしいこと! 日々のささやかな幸せをたっぷり感じ…

おおきなかしの木

おおきなかしの木 (大型絵本) リスが落としたドングリから小さな芽をだした樫の木の一生を描いた絵本。 樫の木って、1000年も生きるのね~!! 動けない樫の木の周りに集うものたちが、大きな時間の流れを感じさせてくれます。 迫力のある美しい絵と静かなス…

おおきなもののすきなおうさま

おおきなもののすきなおうさま (講談社の創作絵本) 大きなものが大好きな王様のこだわりがスゴイ! そして王様のわがままを叶える人々がスゴイ! こうやって、知恵や技術が生まれるのね~と感心しきり。 でも、どんなに頑張っても大きくできないものもある。…

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん かわいい猫たちの版画絵がとてもステキな絵本。 友達がいない寂しさから過食に走り、太りすぎてしまった猫のお話。 土管にハマって抜けなくなってしまった猫の周りで繰り広げられる満月の夜の猫集会。 いろんな猫…

くまさんの おたすけ えんぴつ

くまさんのおたすけえんぴつ この絵本、好きだわ~。 クッキリとしたカラフルな絵がお洒落な絵本。 冷静な横顔のくまさんが、正面を向いた表情が最高にカワイイ! くまさんが淡々と歩く怪しげな森とシンプルな物語のミスマッチがすごく楽しいです。

ミステリー-おいしい博物館盗難事件

ミステリー―おいしい博物館盗難事件 お洒落で繊細な絵がステキなミステリー絵本。 絵の中に謎解きのヒントがちりばめられているのだけれど、解くのはなかなかに難しい! 読後にもう一度、犯人の痕跡を探したくなりますよ。 主人公の子豚ちゃんの観察眼に感心…

ソーニャのめんどり

ソーニャのめんどり 3羽のひよこをもらい、大切に立派なニワトリに育ててきたソーニャ。 ある晩、鳥小屋に忍び込んだキツネに大好きなニワトリが食べられてしまいます。 ソーニャが本当に一生懸命、鳥たちのお世話をする様子が丁寧に描かれているので、ニワ…

ゆきのひ

新装版 ゆきのひ (講談社の創作絵本) 雪国の長く厳しい冬の一日を描いた字のない絵本。 表紙とほぼ同じ構図で定点観測のように駅舎の一日を描いていきます。 自然との共存、人とのふれあい。 字がないことで、その静けさが際立ちます。 優しい、ぬくもりのあ…

はなうたウサギさん

はなうたウサギさん 力強い線とキレイな色彩に惚れ惚れしてしまう版画絵本。 小動物の可愛らしさとは対照的に、見開きページいっぱいに描かれた大型動物の迫力がスゴイ!! ウサギさんの いい意味での いい加減さ&ポジティブさは、真面目すぎたり心配性な子…

12にんのいちにち

12にんのいちにち 同じ町に住む12人の一日を2時間おきに描いた絵本。 12人(ライオン・銅像含む)それぞれの1日をパラパラ漫画みたいに通して見たり、時間帯ごとにそれぞれの過ごし方を比べてみたり。 ページ下に描かれた通りの絵にも小ネタ満載!巻末…

きんぎょのおつかい

きんぎょのおつかい 与謝野晶子さんが童話を書いていたとは知らなかった! 三匹の金魚が電車に乗って新宿から御茶ノ水までおつかいに行くお話。 フィクションだから、金魚たちがどんな風におつかいするのかとワクワクしながら読み進むと・・・、フツーに水が…