にぐるまひいて

にぐるまひいて

にぐるまひいて

私が大好きな絵本。

お父さんとお母さんと娘と息子。
特別なことは何もない。
日々の暮らしを淡々と描いた作品。

この、「何もなさ」がすっごくいいの!
主観を一切排除した文章も温かみのある絵も大好き!
生きるって、こういうことなんだな・・・と読むたびに思います。

 

子どもたちも何度も読み、いろんなことを感じたみたい。

秋の読み聞かせで2年生に読んだのだが、反応はいまひとつ。

大勢の前での読み聞かせには向いていない模様。

広告を非表示にする