読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない

犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)

犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)

「命」をテーマにした6年生へのブックトークで紹介予定の本。

愛媛県動物愛護センターの職員の方たちの日常を追ったノンフィクション。

飼い主からお払い箱にされたペットたちの殺処分の仕方などが、

淡々とリアルに描かれている。

職員の方々の深い愛情とその辛さに、涙・・・。

センターに引き渡した犬の元に戻ってきた子どもたちが、

「写真撮り忘れちゃった!」と殺処分される元愛犬と記念撮影をして

再び去っていくエピソードには怒りの涙・・・。

 

声が震えずにちゃんと紹介できるか、かなり不安な一冊ではあるが、

6年生には、ペット大国ニッポンのこの現実をしっかりと知ってもらいたい。

ペットを飼っている、または飼おうと思っている人は必読の本です。