ぞうのさんすう

ぞうのさんすう

ぞうのさんすう

命のブックトーク向けの本を探していて出会った絵本。

深いです。

子どもたち(小1と小5)は読みはじめは

山積みになっていくウンチに大喜びしていたけれど、

最後はしんみりしていました。

何かを感じてくれたみたい。

 

広告を非表示にする