どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと

どうぶつさいばん ライオンのしごと

タンザニアの草原で、ヌーの子どもが、お母さんを殺して食べたライオンを訴えた。

いろんな動物の証言から浮かび上がる真実が目から鱗の絵本です。

自然界って、ものすごいバランスの上に成り立っているんだなぁ。

弱肉強食だけではない野生動物の世界が伝わり、考えさせられます。

 

唯一の難点は、民事裁判と刑事裁判がゴチャゴチャになっちゃっているところ。

この絵本の本質とは関係ないんだけど、気になる。すごく気になる・・・。