うみがめぐりー自然をみつめる絵本ー

うみがめぐり  -自然をみつめる絵本-

うみがめぐり -自然をみつめる絵本-

最初の一文から心を鷲掴みにされてしまった絵本。

透明感のある美しい水中の絵の中に、しっかり描き込まれたたくさんのゴミ。

リアルなような、漫画のような、愛嬌のある生き物たち。

大きな文字の端的な文章でしっかりと伝わる作者の思い。

 

「たべるということは いのちをうばうということではなく

いのちを すこしのあいだ かりること 

いつか かならず かえすもの」

 

遠目の効くダイナミックな絵は迫力満点!

高学年へ読み聞かせしたいなぁ。