きんぎょのおつかい

きんぎょのおつかい

きんぎょのおつかい

与謝野晶子さんが童話を書いていたとは知らなかった!

三匹の金魚が電車に乗って新宿から御茶ノ水までおつかいに行くお話。

フィクションだから、金魚たちがどんな風におつかいするのかとワクワクしながら読み進むと・・・、フツーに水がなくて死にそうになるところが逆にシュール・・・。

レトロな絵がとってもいい味だしてます。

文章の心地よさはさすが。声に出して読みたくなる絵本です。

遠目の効く絵は大勢への読み聞かせにもピッタリ。