とびらをあければ魔法の時間

とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海)

とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海)

バイオリンでメヌエットが上手く弾けずに落ち込む少女。

ある日、お稽古に行きたくなくて、降りたことのない駅で途中下車してしまいます。

迷い込んだ町で見つけた不思議なお店は、「すずめいろどき」だけ営業している本屋さん…。

 

楽しかったお稽古で壁にぶち当たった。その壁は決して高くはない。

自分より小さい子たちが軽々とクリアしていくのに、クリアできない焦り・いらだち。

大好きなお稽古で誰もが経験する過程が、とってもステキなお話しになっています。

あたたかくて優しい絵もすごくいいです。