森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし

森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし

森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし

作者の祖父が5歳の時にカナダで経験した本当のお話し。

繊細なタッチの絵ですが、ものすごく臨場感があり、何とも言えない静かな迫力。

ストーリーの展開が素晴らしく、食べるもの、食べられるもの、捕まえるもの、捕まえられるものが一堂に会する凄さがよく伝わります。

ラストの余韻もすごくいい。

高学年に読み聞かせしてみたいなぁ。