栄光への大飛行

栄光への大飛行

栄光への大飛行

飛行機で初めてドーヴァー海峡を渡ったルイ・ブレリオの伝記的絵本。

飛行機づくりの魅力に憑りつかれたパパの夢への挑戦物語!

なんだけど、失敗しても大怪我しても、とぼけた表情のパパがユーモラスでかわいい。

レトロでお洒落な落ち着いた絵と今江祥智さんのコミカルな訳がピッタリで、命がけの挑戦なのに悲壮感ゼロ。むしろ、すっごく楽しそう!

スゴイことをしちゃう人って、きっとこんな感じなんだろうなぁ。

自分でも、何か頑張ってみよう! という前向きな気持ちになる絵本です。