希望の牧場

希望の牧場 (いのちのえほん23)

希望の牧場 (いのちのえほん23)

東日本大震災後の原発事故で「立ち入り禁止区域」に指定された牧場で、被爆した牛たちを世話し続ける牛飼いを描いたノンフィクション絵本。

無駄な装飾や大人目線の説教臭さが一切ない、ストライクゾーンど真ん中の直球絵本です。

牛飼いさんと森絵都さんの潔さを余すところなく表現した絵も素晴らしく、絵本の力を感じます。

 

これは希望なのか?

生きている意味とは?

食べられない肉牛にはなくて、私にはあるのか…?

いろんなことを考えさせられます。

命のブックトークに追加決定。

 

希望の牧場のその後はコチラで知ることができます。

希望の牧場・ふくしま (@kibounobokujyou) on Twitter