赤いペン

赤いペン (文学の森)

赤いペン (文学の森)

都市伝説のように語られる不思議な赤いペンの噂に興味を持ち調査を始める女の子。

不器用な彼女をサポートする人々も素敵だし、不思議な赤いペンを手にした人々のお話もとてもよかった!

優しい読後感に浸りながら本を閉じると…、

表紙の絵が怖いー!!!

なんでこの表紙なのー?!?!

表紙だけが、ただただ残念な本。

ブックカバーをかけて読むのがオススメです。