ガール・イン・レッド

ガール・イン・レッド

ガール・イン・レッド

現代版『赤ずきんちゃん』

大都会という森に迷い、オオカミと出会い、最後は・・・。

細部まで丁寧に描かれたインノチェンティ氏の絵がとーにかく凄くて圧倒されます。

そして、怖い~!!

都会の恐ろしさが存分に余すところなく描かれていて、これから一人で外出する機会が増えるであろう小6娘に強く勧めました。

芸術作品としても高学年なら楽しめると思います。

逆に、まだまだ大人達に守られている低学年にはオススメしません。

トラウマ絵本になりそう・・・。