100年たったら

100年たったら

100年たったら

草原で出会った一匹のライオンと一羽の小鳥。

100年という時を経て、いろいろな姿で出会いを繰り返す輪廻転生のお話。

余韻を残したラストがいいわぁ~。

もしかしたら、今、すぐそばに100年前に別れた何かがいるのかも・・・。

絵もお話もとってもステキな絵本です。

遠目の効く綺麗な絵は大勢への読み聞かせにも。

高学年に読んだら、ラストページにドキッとするかも?!