読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じーん・・・

チェロの木

チェロの木 長い長い年月をかけて育った木。 その木から作り出されたチェロという楽器。 その楽器を作る人。大切に奏で続ける人。 ゆったりとした大きな時の流れを感じるストーリーと いせひでこ さんの素晴らしい絵に震える。

たからもの

たからもの シュルヴィッツ氏らしい、静かで落ち着いた絵がすごく印象に残る絵本。 灯台下暗し。でも、人生に無駄なことなんて一つもない。 夢を信じる人と夢を信じた人を笑う人。いろいろと深い・・・。 長い長い旅をするおじいさんの柔らかな表情がステキ…

ジェドおじさんはとこやさん

ジェドおじさんはとこやさん 黒人というだけで様々な差別を受けていた時代に 自分の夢を持ち続け、それを叶えたジェドおじさんのお話。 どんな試練にもくじけない、前向きな姿に勇気をもらえます。 夢を叶えたおじさんの幸せそうな様子にほっこり。 重厚で美…

名前のない人

名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集) 急行「北極号」で有名なクリス・ヴァン・オールズバーグ氏の作品。 光と色彩が美しい、映画みたいな絵本です。 ミステリアスな展開と何とも言えない読後の余韻。 いいわー。好きだわー。

博士の愛した数式

博士の愛した数式 (新潮文庫) ちょうど1年前、中学受験を終えた息子が小学校卒業の頃に読んでいた本。 私も再読。やっぱりすっごく面白い! レシートや車のナンバーなんかに興味を示す子は夢中で読んじゃいそう。 数式は美しく、数字ってあったかい。 数学が…

じゃがいも畑

じゃがいも畑 レトロでお洒落な表紙からは予想していなかった シビアな現実に目を向けさせられる絵本です。 貧しい母子家庭のお腹を空かせた子どもたちが、 お母さんが夜勤でいない満月の夜にしたことは・・・。 前半の疲れてやさぐれ気味のお母さんと 後半…

おばあさんのしんぶん

おばあさんの しんぶん 出雲市長だった岩國哲人さんの少年時代を描いた絵本。 尽きることのない知的好奇心と それを支えてくれる人たちとの素晴らしい出会い。 恵まれ過ぎた今の子たちにぜひ読んで欲しい絵本です。 遠目の効く優しい絵は大勢への読み聞かせ…

戸村飯店 青春100連発

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) 中1の息子が楽しそうに読んでいた本。 故郷を離れたことがある人はいろいろ感じることがありそう。 東京者の私は、外から見ると東京ってこんな感じなのかー と面白かったです。 家族のなんとも言えない距離感がなんとも言…

とうだい

とうだい (日本傑作絵本シリーズ) 他者を通じて自分の存在意義を認識していく灯台の成長にグッくる。 絵もストーリーも、とってもステキです。

いしゃがよい

いしゃがよい (幼児絵本シリーズ) エンさんと迷子のパンダ・ファンファンのお話。 時が経って立場が逆になっても、ずーっと仲良し。 繰り返しのリズムも心地よい、ホッコリ絵本です。 大人は、ファンファン&エンさんに自分を重ね合わせてじーん…。

地下鉄-Sound of colors

地下鉄 台湾発、世界中で人気上昇中の絵本作家ジミーさんの三部作・第3弾。 盲目の15歳の少女が地下鉄に乗って旅をするお話。 大胆かつ繊細&遊び心もある絵がとにかくステキな絵本です。 三部作の中で1番心に沁みました。 目は見えるけど、私にはちゃんと…

すえっこおおかみ

すえっこおおかみ 自己肯定感を高める。 子育てに一番大切な事がぎゅっと詰まったステキな絵本。 お父さんおおかみがカッコよくて、 すえっこおおかみがカワイイー!! すごいライバルや大きな勲章に潰されそうになった時、 親子で読んで欲しい絵本です。

クリスマス人形のねがい

クリスマス人形のねがい (大型絵本) いくつもの願いと偶然がひき起こすクリスマスの奇跡。 3つのストーリーが同時進行するかなり長めのお話しなのですが、 バーバラ・クーニーさんの絵の力で年長さんくらいでも しっかり理解できると思います。 『人形の家…

くろうまブランキー

くろうまブランキー(こどものとも絵本) すごく切ないけれど、こころ温まる絵本。 堀内誠一さんの絵がとってもステキです。 こんなクリスマス絵本もいいなぁ。

うまやのクリスマス

うまやのクリスマス クリスマス前にぜひ読みたい絵本。 マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの言葉と バーバラ・クーニーさんの絵。 文句のつけようがありません。 イエス誕生の夜を描いた静かな静かな物語。 華やかで楽しいクリスマスもいいけれど、 クリス…

すきになったら

すきになったら 繊細な絵がとっても素敵な絵本です。 誰かを好きになるって、まさにこんな感じ!! この気持ちがわかる小学生は なかなか、いないだろなぁ。 一番は〇〇、二番は△△、三番は… とかやってるようじゃね。

ゆうかんなアイリーン

ゆうかんなアイリーン 風邪で寝込んでしまったお母さんの代わりに、 大雪の中、お母さんが仕立てたドレスを届ける女の子のお話。 こんなに深い絆で結ばれている母と娘って・・・。 ス・テ・キ!! 寒~い雪の日に、心温まるお話です。

ツナグ

ツナグ (新潮文庫) 中1の息子に借りて読んだ本。 短編ぽくて読みやすく、お話しもバラエティ豊か。 そして、最後は見事にぜーんぶ繋がっている。 初めての作家さんだけど、夢中で読破してしまった。 中高生が死と向き合うのにピッタリです。 本好きなら小6…

ぺろぺろキャンディー

ぺろぺろキャンディー 真面目でやさしい長女の切なさがひしひしとわかる絵本。 姉妹の妹としては、身に覚えがありまくりで肩身が狭い・・・。 ラストがとっても素敵です。

だいじょうぶだよ、ゾウさん

だいじょうぶだよ、ゾウさん どんな仲良しにも、いつか必ずおとずれる別れ。 友との別れを受け入れ、しっかりと送り出すねずみ君の成長にじーん・・・。

おにいちゃんがいてよかった

おにいちゃんがいてよかった (いのちのえほん) お兄ちゃんと喧嘩ばかりしている娘にタイトル借りした絵本。 内容は・・・、きょうだい喧嘩とか、そんなものでは全くなかった。 病気と闘う子どもを描いた本はたくさんあるけれど、 病気できょうだいを失う子ど…

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7)) 遠い北の町で暮らす大きいおばあちゃんとの温かい交流を描いた絵本。 今夜は月とお話ししてみよう! そんな気持ちになる絵本です。 遠目の効く絵がとてもキレイなので、大勢への読み聞かせに…

ナマケモノのいる森で

ナマケモノのいる森で フランス発の仕掛け絵本。 すっごくお洒落なスタイルながら、内容も深い。 立体の絵本だからこそダイレクトに伝わる展開にじ〜ん…。 プレゼントにもぴったりです。

ねずみとくじら

ねずみとくじら (評論社の児童図書館・絵本の部屋) ねずみとくじらの友情がとってもステキ。 瀬田貞二さんの訳がとても心地よく、 声に出して何度も読みたい絵本です。

おじいちゃんの口笛

おじいちゃんの口笛 とーってもステキなお話しに、とーってもステキな絵。 血のつながりはなくても、人ってつながれるんだな~。 かわいくて、切なくて、ホッコリする絵本です。

あかり

あかり 静かな絵とストーリーに、じんわりと満たされる絵本。 読後の幸福感がすごく高いです。 テーブルにロウソクを灯しながら読んであげてもいいかも。

はせがわくんきらいや

はせがわくんきらいや 昭和30年に起きた森永ヒ素ミルク中毒事件の被害者が描いた絵本。 独特の絵と文字&子どもならではの強い言葉に引き付けられて グイグイと読めます。 お母さんの無念な気持ちが痛いほど伝わってきて思わず涙・・・。 「はせがわくんきら…

とっときのとっかえっこ

とっときのとっかえっこ 優しい気持ちでいっぱいになる絵本。 育児と介護。こんな風にとっかえっこできたら本当にステキ!! 絵もかわいいです。

オルゴールのくるくるちゃん

オルゴールのくるくるちゃん (講談社の創作絵本) 繊細な絵がかわいい絵本。 出会いと別れ。人形の切ない運命にしんみりしつつ、 ステキなラストに癒やされます。

おこじょのユキ

おこじょのユキ (チューリップえほんシリーズ) お母さんから、自分の容姿に似合わない名前をもらい、からかわれるユキ。気持ちを共有できる友達に出会えて成長していく様子が生き生きと描かれています。

ありがとう、フォルカーせんせい

ありがとう、フォルカーせんせい (海外秀作絵本) LD(言語学習障害)の女の子を描いた絵本。 外見からはわからない障害への理解が深まります。 先生だけでなく、おじいちゃん&おばあちゃんの愛がとっても素敵です!

ロバのおうじ

ロバのおうじ 両親に愛してもらえずに家を出ていく ロバの姿をした王子を描いたグリム童話。 すごく切なくて悲しいお話しなんだけれど、 バーバラ・クーニーさんのステキな優しい絵に救われます。

チュンチェ

チュンチエ―中国のおしょうがつ 絵もお話しもすっごく素敵な絵本です。 旧正月にもう一度、読みたいなー。 ブックトークや高学年への読み聞かせにもピッタリ!

Life(ライフ)

Life(ライフ) 新年早々、ステキな絵本に出会いました! とっても温かい気持ちになりますよ。

ちょっとだけ

ちょっとだけ (こどものとも絵本) 2人目育児中のママは涙してしまうかも・・・。 第一子のせつなさがギュッと詰まった絵本。 末っ子の私は、姉を見る目が変わりました。

こんとあき

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ) 娘も息子も大好きだった絵本。 わくわく、ドキドキ、ハラハラ。そしてホッコリ。 すべてのエッセンスがギュッ! と詰まった1冊です。 林明子さんの描く女の子が最高にかわいいです。

ロバのシルベスターとまほうの小石

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋) タイトル&かわいい絵からは想像もつかない深~いお話し。 私も子どもたちも大好きな絵本です。 子どもはシルベスターに、親はパパ&ママに感情移入してドキドキ! 遠目の効く絵がとっても綺麗な…

おこだでませんように

おこだでませんように 読んだ後、わが子をぎゅーっと抱きしめたくなる!! 育児に悩むお母さんにおススメの絵本です。

おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけ ほんわか優しい絵がとっても素敵な絵本。 身近な人の「死」について考えるきっかけづくりにピッタリ。 大人は、最後まで泣かずに読み切るのに必死です。

大好きだよ キヨちゃん。

大好きだよ キヨちゃん。 認知症のおばあちゃんと孫のお話。 リアルな日常が、決して重くなく、 かと言って軽くもなく描かれた 愛がいっぱいの絵本です。

スーホの白い馬

スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ) 小学校の教科書で読む前に、ぜひ絵本で読んであげたい一冊。 赤羽末吉さんの絵がすっごくいいです!!

ふゆねこ

ふゆねこ (講談社の創作絵本) 小1の娘がウルッとしていた絵本。 切なくて、あったかい。冬にピッタリのお話です。

半日村

半日村 (創作絵本 36) 壮大なスケールのすごいお話。継続は力なり。 馬鹿にしていた周りの大人達まで巻き込んでいくパワーに グイグイ引き込まれます。

さっちゃんのまほうのて

さっちゃんのまほうのて (日本の絵本) 子どもたちが年中~年長のころに何度も何度も読んだ絵本。 先入観のないうちに、自分とは違う子がいるんだということを 知って欲しくて購入しました。 読み聞かせは涙をこらえるのが大変なので、 事前に一読をオススメ…

おじいさんのしごと

おじいさんのしごと (講談社の創作絵本) 猫好きにはたまらない可愛らしさ! 最後のオチもステキ。 ほっこり優しい気持ちになる絵本です。

スズの兵隊

スズの兵隊 (大型絵本) マーシャ・ブラウンさんの描くアンデルセンの名作。 絵もお話も哀しくて切ない・・・。

紙しばい屋さん

紙しばい屋さん 絵もお話もすてきな絵本。 すっごく幸せな気持ちになります。

いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」

いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」 たった1つの命を産み出すために存在するたくさんの命。 あの子も、この子も、僕も私も、同じように たくさんの命がつながって生きている。

青空のむこう

青空のむこう さわやかな表紙とは裏腹に、交通事故で死んでしまった少年が やり残したことをやり遂げるために現実世界へ戻ってくるというお話。 読後感がとってもよい一冊。 高学年の読書感想文にもオススメです。

きみがしらないひみつの三人

きみがしらないひみつの三人 とってもステキな発想! 私の中にもこの三人がいるんだと思うと、 何だかあったかーい気持ちになります。