~情報収集はAmazonで、購入は本屋さんで~


小学校高学年

まっくろいたちのレストラン

恋の絵本 (3) まっくろいたちのレストラン (恋の絵本 3) 平岡瞳さんの版画絵をたっぷり楽しめる贅沢な絵本。 寒い冬を表現したブルートーンが本当にすてき~。 ストーリーは直木賞作家の島本理生さん。 シンプルな文章ながら、優しいいたちの孤独が痛いほど…

お月さんのシャーベット

お月さんのシャーベット 月が綺麗な夜に読みたくなる絵本です。 斬新で独特な絵がやみつきになる素晴らしさ! 長谷川義史さん訳の関西弁がベストマッチで何とも不思議な雰囲気を醸し出しています。 ペク・ヒナさんの絵本はあまり手に取ることがなかったので…

ヨハンナの電車のたび

ヨハンナの電車のたび 絵本の筆者が描いたブタのキャラクターが筆者にいろいろな注文を出し、互いのやりとりの中からお話しが進んでいく斬新で面白い設定の絵本。 ブタの注文が実に多彩で、小さな仕掛けがいくつもあって楽しい! なにより絵が素敵。絵本の中…

いつか、きっと

いつか、きっと 華やかな表紙に惹かれてジャケ借りした絵本。 内容は、私のイメージとは全く違う深~いお話でした。 子どもの目に映る世界が小さな棘のようにチクチク刺さり、ラストはグサッ!っとかなり衝撃的。 この世界を作ってきた大人として、いろいろ…

あおのじかん

あおのじかん ちょくちょくオンラインショップを覗いてはお世話になっている絵本屋さん「絵本のこたち」さんでジャケ買いした絵本です。 コロナやオリンピック、その他諸々のニュースでイライラがMAXになり、メンタル崩壊を防ぐために絵本屋さんでネットショ…

むこう岸

むこう岸 裕福な家庭で毒親に育てられた少年と貧困家庭で生活保護をもらって暮らす少女が登場人物のお話。 読み初めは「おぅ、またこのパターンか…」と思ってしまったのだが、読み進めるうちに止まらなくなってしまった。 生活保護という人からの施しで生き…

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち ひねくれ者なので流行りものは3年くらい寝かす主義なのだが、爺さん(私の父)と中2娘に推されて手に取った本。 何もかもを放り出して一気読みしてしまった。 娘は、学校の休み時間に読んでいたら友達が恋バナをしに来て、 「あの、…

ヤマネコ毛布

ヤマネコ毛布 ザ・木版画!!という感じの版画絵がとっても、とっても素敵な絵本。 旅に出るヤマネコに森の仲間たちが思い出を刺繍した毛布をプレゼントすることに。 悲しかった思い出や意地悪された思い出なんかもあって綺麗事だけじゃないのが面白い。 ヤ…

ふるいせんろのかたすみで

京都の素敵な絵本屋さん「絵本のこたち」さんで購入した絵本です。 cotachi.thebase.in この絵本屋さんのセレクトがバリバリ好みで時々WEBショップを覗いてはポチっているのだが、今回も大当たりしてしまった! なんといっても絵がすごくいい!! 繊細な線な…

ストロベリー・ブルー

ストロベリー・ブルー (角川文庫) はぁ〜、なんとも甘酸っぱい本であった。 中学2年生の男女5人を主人公にした連作短編集。 もうね、自分の中学時代のストロベリーでブルーな思い出が蘇ってきて、切ないー!!! 「中学時代の恋って、人生の中でホントに特…

さあ、犬になるんだ!

さあ、犬になるんだ! (村上春樹の翻訳絵本集) 大好きなクリス・ヴァン・オールズバーグ氏の絵本。 登場人物たちの表情がとっても素敵です。 ハラハラ&ドキドキのストーリーもテンポよく、遠目の効く絵は大勢への読み聞かせにもオススメ。 オチにニヤリとで…

退屈をあげる

退屈をあげる 人間に拾われた捨て猫が語る退屈な日常のお話。 保護犬飼いの私は、涙なしには読めない…! 本当にいろんなことを想像してしまいました。 モノトーンの版画絵がとっても素敵です。 薄くて小さな可愛いサイズなので、猫好きさんへのプレゼントに…

きんぎょ

きんぎょ 真っ赤な表紙にひかれてジャケ借りした絵本。 セピアカラーに差し色の赤が効いたノルタルジックな雰囲気の絵が素敵! 図書館で借りたのでラミネートコーティングされていたけれど、表紙のきんぎょの絵の部分は四角く切り抜かれた凝ったデザインで、…

はかれないものをはかる

はかれないものをはかる 数値化できない様々なものの量?長さ?重さ?を想像しながら自分自身を見つめ直せる軽やかでズッシリ重たい絵本です。 思春期の中学生娘にも成人ちょい前の高校生息子にもテレワーク疲れの夫にもオススメ。 お題を読んで目一杯妄想し…

レッド あかくてあおいクレヨンのはなし

レッド あかくてあおいクレヨンのはなし 本当は青なのに赤色の紙を巻かれたクレヨンが主人公のお話。 赤色を描くことを期待し励ます仲間と期待に応えられずに苦しむレッド。 本当の自分に気づいたレッドの喜びとそれを受け入れる仲間が素敵です。 LGBTの人の…

九色のしか

九色のしか (世界の絵本) インドから伝わった中国の昔話を台湾の作家さんがアレンジした絵本です。 と〜にかく絵が素敵!! どのページも見惚れてしまう〜! 九色のしかの神々しさが効果的に表現されています。 敦煌の壁に描かれた壁画を題材にした物語らし…

ブルーピリオド

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス) まだ未完の漫画なのでオススメするのは若干ためらわれるのですが・・・、すっごく面白くてドはまりしています!! 漫画オタクの娘の影響でハイキュー!! を40巻以上読んだら、苦手だった漫画がスラスラ読める…

檻の中のライオン

檻の中のライオン 憲法の基本をしっかりと教えてくれる入門書。 ライオン=国家権力、檻=憲法 という例えがとてもわかりやすく、結構難しい事も含めて憲法の大まかな概念を確認できます。 この本を読んでから今流れてくるニュースをみたら、「え?おかしく…

山はしっている

山はしっている とーっても素敵な絵本に出会ったしまった! 動物たちの山での日々の営みを淡々と描いた作品。 とにかく絵が素敵!! 絵を邪魔しない詩のような翻訳も心地よく、ゆっくりと森の中に引き込まれます。 これはお買い上げ決定~! 心がざわついた…

めうしのジャスミン

めうしのジャスミン お洒落な表紙の絵に惹かれて借りた絵本。 みんなと違うことをしたら白い目でみられ、仲間はずれにされ・・・。 農場の動物たちの妬みや嫌がらせがとってもリアル。 世界中、どこにでもある根の深い問題を素敵な言葉と絵で表現した素晴ら…

オットー 戦火をくぐったテディベア 

オットー―戦火をくぐったテディベア (児童図書館・絵本の部屋) 戦争によって引き裂かれたユダヤ人とドイツ人少年の友情、アメリカ兵救出劇など、第二次世界大戦の戦火をくぐり抜けたテディベア・オットーの自叙伝です。 短いお話ながら、戦争の理不尽さが胸…

地球に住めなくなる日

地球に住めなくなる日 「気候崩壊」の避けられない真実 怖ろしい本を読んでしまった。英米で大ベストセラーの気候変動に関する本。 多くの科学者たちが導き出した客観的事実に基づいて気候変動による未来を予測しているのだが、もう絶望しかない・・・。 し…

小学館版学習まんが少年少女日本の歴史

なんと太っ腹な企画!!小学館の歴史漫画が夏休み中、こちらのリンクから無料で読み放題~!! 小学館版学習まんが少年少女日本の歴史 学習歴史漫画シリーズはいろいろあるけれど、我が家は小学館で揃えています。 理由はこちらの過去記事をご覧下さい。 mam…

さよなら、田中さん

さよなら、田中さん 知り合いの薦めで何も知らずに手にした本。 主人公は貧しい母子家庭で育つ小学校6年生の女の子。 貧困の中でも生きることを目一杯楽しんでいる母子の明るさと逞しさがとにかく面白い! 中流家庭との格差がしっかりと、ものすごくリアル…

23分間の奇跡

23分間の奇跡 (集英社文庫) さいたま市の全公立学校で「医療従事者への感謝の拍手実施」というニュースをみて、頭に浮かんだ本。 以前紹介した記事です。 mametsubu-ehon.hatenablog.com 医療従事者へ感謝することはもちろん素晴らしいし、コロナと戦う医療…

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 外出自粛につき、長らく我が家の本棚に置かれていた本をやっと読んだ。 著者は、イギリスに住む元底辺託児所の職員で、現・元底辺中学校に通う息子のお母さん。忌憚ないリアルなお話が面白くて一気読み!時事ネ…

茶色の朝

茶色の朝 外出自粛のお供にオススメの本。 ファシズムの始まりを淡々と描いたフランスのベストセラー小説。 「茶色の猫しか飼ってはいけない」という政府からのお達しに違和感を感じながらも、何となく受け入れ続けてきた「俺」の運命やいかに…。 人々の事な…

フジモトマサルの仕事

フジモトマサルの仕事 (コロナ・ブックス) 谷中の素敵な絵本屋さんのTwitter で流れてきた入荷情報を見てから、間違いなく5分後には購入手続きを完了した本。 中1娘が、小学校低学年の頃から大好きで何度も読み返していたフジモトマサルさんの漫画の数々。…

ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家

ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家 京都の絵本屋さんの絵本セレクトが好きで、この本屋さんで買えば外しはないだろう!とジャケ買いした絵本。 外さないどころか、ツボ過ぎた! ルイーズ・ブルジョワの波乱万丈人生を詳細に描くことをスッパリ捨てて、…

ピンクがすきってきめないで

ピンクがすきってきめないで (講談社の翻訳絵本) ジェンダーバイアスにイラッとしている女の子が主人公のフランスの絵本です。 インパクトのあるお洒落な絵が素敵。 女の子らしさ、男の子らしさって何だろう?と改めて考えさせられます。 でも最近は、子ども…