~情報収集はAmazonで、購入は本屋さんで~


盛り上がる!

さあ、犬になるんだ!

さあ、犬になるんだ! (村上春樹の翻訳絵本集) 大好きなクリス・ヴァン・オールズバーグ氏の絵本。 登場人物たちの表情がとっても素敵です。 ハラハラ&ドキドキのストーリーもテンポよく、遠目の効く絵は大勢への読み聞かせにもオススメ。 オチにニヤリとで…

あたごの浦

あたごの浦―讃岐のおはなし (こどものとも傑作集) ジワる絵本とはまさにこのことか! という感じの絵本です。 個性的な絵がなんとも雄大で素晴らしく、方言の語りに癒され、魚やタコの一発芸と拍手喝采とともに囃し立てる「妙々々々々々」というかけ声がジワ…

でんごんでーす

でんごんでーす (講談社の翻訳絵本) 「そろそろ ばんごはんだから かえっておいで」 お母さん鳥から息子への伝言を個性豊かな鳥たちが次々と伝えていくお話。 その伝言のいい加減なこと!! いい加減さが鳥のキャラクターにマッチしていて面白い! 低学年に…

おうさまがかえってくる100びょうまえ!

おうさまがかえってくる100びょうまえ! 王様が出かけているすきに家来たちは王様の部屋で遊び放題やり放題! ところが、予定より早く王様の馬車が戻ってくるのが窓から見えて・・・。 王様が部屋へ戻るまで100秒! スピード感とバタバタ感がすごく楽しい絵本…

このよでいちばんはやいのは

このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本) 世の中のいろんなもののスピードを比べる科学絵本。 そうだよねー! と思ったり、意外なものが意外と速かったりして面白い。 最後の発想がステキです。 大勢への読み聞かせでも盛り上がりそう!

オレ、カエルやめるや

オレ、カエルやめるや カエルをやめて、フワフワした可愛い動物になりたいカエルの子と子の願望を一つ一つ丁寧に否定していくお父さんのやりとりが面白い絵本。 シンプルな絵とテンポの良いセリフに引き込まれます。 猫になりたいとか、お兄ちゃんは嫌だとか…

1999年6月29日

1999年6月29日 絵が大好きなデイヴィッド・ウィーズナーさんの絵本。珍しく文字が多い(というか普通の量)絵本ですが、起承転結がしっかりあって、すごく面白かった! 「空の上で野菜を育てるとどうなるか?」小学生の女の子が何ヶ月も試行錯誤して、ついに…

どうしてカは耳のそばでぶんぶんいうの?―西アフリカの民話より

どうしてカは耳のそばでぶんぶんいうの?―西アフリカの民話より 鮮やかな色彩の絵がとってもキレイな絵本。 子どもを猿に殺されたフクロウのお母さんが鳴かないせいで太陽が昇らず、夜が明けなくなってしまったジャングルで、ライオンが犯人探しに乗り出しま…

あからん

あからん (日本傑作絵本シリーズ) 大好きな西村繁男さんの絵を楽しみつつ、ナンセンスに突っ込みながら楽しくボキャブラリーが増やせるとってもお得な絵本。 意味深なタイトルの「あからん」が、「あ〜ん」だと分かってビックリ! 各ページに描かれたものの…

きょうはよいてんき

きょうはよいてんき ぽかぽかお天気に散歩していたキツネは、喉が渇いておばあさんのミルクを飲みほしてしまいます。怒ったおばあさんはナイフでキツネの尻尾をちょん切ってしまいました! 「ミルクをかえしたら尻尾をかえす」と言われて、牛にミルクをもら…

ライオンをかくすには

ライオンをかくすには 明るく優しい絵がとってもステキな絵本。 ライオンのやさしさに気づき、必死に隠そうとするアイリスの可愛いこと!! お母さんに見つかってしまい、お話しが急展開! 最後のオチが洒落ています。 遠目の効く絵は大勢への読み聞かせにも…

あかりをけして

あかりをけして 怒濤の年末年始が過ぎ去り、ホッと一息。 今日はこの絵本で盛り上がりました! 真っ暗な部屋が怖くて眠れない子ブタが、部屋のあかりを消しながらも安らかに眠る方法を考えた。 その方法の凄いこと!! 安心して眠りにつく子ブタちゃんがとっ…

どうぶつピラミッド

どうぶつピラミッド キレイな色使いでカラフルに描かれた動物がいっぱいの絵本。 ヤツガシラのフープーの誕生日パーティーにたくさんの仲間たちが駆けつけます。 絵本が巻物状になっていて、お話しを読み進めながらパタンパタンと下に広げていくと・・・、な…

びっくりゆうえんち

びっくりゆうえんち タイトル通り、とにかくスケールが半端ない! 絶叫マシーンが苦手な子でも、こんなジェットコースターなら乗ってみたい~! となるはず?! 細かく描き込まれた たくさんのキャラクターや背景が楽しく、絵だけでも十分に楽しめます。

おおきなもののすきなおうさま

おおきなもののすきなおうさま (講談社の創作絵本) 大きなものが大好きな王様のこだわりがスゴイ! そして王様のわがままを叶える人々がスゴイ! こうやって、知恵や技術が生まれるのね~と感心しきり。 でも、どんなに頑張っても大きくできないものもある。…

ミステリー-おいしい博物館盗難事件

ミステリー―おいしい博物館盗難事件 お洒落で繊細な絵がステキなミステリー絵本。 絵の中に謎解きのヒントがちりばめられているのだけれど、解くのはなかなかに難しい! 読後にもう一度、犯人の痕跡を探したくなりますよ。 主人公の子豚ちゃんの観察眼に感心…

おおかみだってきをつけて

おおかみだって きをつけて 「3びきのこぶた」「7ひきのこやぎ」「赤ずきん」をモチーフにしたパロディ絵本。 こぶたや子ヤギ、赤ずきんちゃんの邪悪な表情が最高! 狼が持っていたぬいぐるみや結局狼が食べた夕食、翌日の狩りに携帯した4冊目の絵本などな…

わたしが母さんなら

わたしが母さんなら お母さんに、自分の理想のお母さん像を延々と語る女の子のお話。 次から次へと出てくる主人公の願望が楽しい! おしゃまでお転婆な娘は激しく共感していました(我が家の場合、実現済みの願望も多々ありましたが…)。 お母さんのオチがと…

カガカガ

カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり (こどものとも世界昔ばなしの旅) タイトルと表紙に惹かれて借りてきた絵本。 副題「ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり」通りの絵本です。 北アメリカの先住民族、ウィネバゴ族の…

ねこのさら

野村たかあきさんの落語絵本。 田舎の店先で、みずぼらしい猫が餌を食べているお皿がものすごく高価な皿だと見抜いた道具屋が、お店の主人をだまして買い叩こうとするお話し。 お話しと絵が本当にピッタリで落語を知っている人でもすごく楽しめます。 オチは…

あたまをなくしたおとこ

あたまをなくしたおとこ 「あるあさ、おとこが おきたら、 あたまが なかった。」 表紙の絵と冒頭の一文だけでガッツリ本の世界に引き込まれます。 奇想天外なストーリーと巧みな言葉あそびが楽しい! ロバート・マックロスキーさんの描くモノクロの絵も雰囲…

干したから・・・

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん) いろんな食材をいろんな国で、干して食べている様子がよくわかる写真絵本。 厳しい環境の中で生きる工夫が非常に合理的で感心してしまう。 そうか、主食はほとんど干し物なのか~。ホント、言われてみればだな~。 …

けいたのボタン

けいたのボタン 作者: 岩崎京子,降矢なな 出版社/メーカー: にっけん教育出版社 発売日: 1999/05 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログを見る 画像がなくて残念ですが、 園児さんの悩みのタネ「ボタンかけ」をとっても楽しく描いた絵本です…

おなかのかわ

おなかのかわ (こどものとも絵本) 絵がすっご〜くステキな絵本が待望の復刊! え〜!? そりゃないよ!! のオープニングから、呆れるばかりの「そりゃないよ!」の連続!! 子どもたちが大好きな積み上げ絵本。 遠目の効く絵とあり得ない展開&秀逸なオチは…

にちようのあさはすてき

にちようのあさはすてき 作者: ジュディスヴィオースト,ヒラリーナイト,入江真佐子 出版社/メーカー: ほるぷ出版 発売日: 1989/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 画像を紹介できないのが残念ですが (クリックすると英語版の画像が見られます…

カエルのおでかけ

カエルのおでかけ カエルにとってのいい天気は・・・? そうきたかー! そりゃそうだー! ゲゲゲー! と大盛り上がりの絵本です。

よふかしにんじゃ

よふかしにんじゃ 外国の作者さんが作り上げた忍者絵本。 切り絵のコラージュがハイセンス~!! 見たことのないテイストに唸らされます。 後半の展開に大うけ!! 大勢への読み聞かせでも盛り上がりそうです!

もものき なしのき プラムのき

もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 三匹のクマやシンデレラなど、おなじみの童話や絵本の主人公たちを探す隠し絵絵本。 ふんわりと明るい絵がすごっくステキで、ページをめくるたびにワクワク! まだ読んだことのない主人公たち…

このパンなにパン?

このパンなにパン? (たんぽぽえほんシリーズ) リアルで美味しそうなパンの絵本。 パン当てクイズ形式になっていて 小4娘が「一つ以外正解した〜!」と喜んでいました。 私の経験では、なぜか乳児期はこういう写実的な絵の絵本に非常に食いつきがいい。 でも…

ぼくはおこった

ぼくはおこった (児童図書館・絵本の部屋) すごいスケールですごくインパクトのある絵本。 とにかく一人で怒りまくる主人公。 その怒り方がハンパない!! これ、最後はどうなっちゃうの〜?! とページをめくると…、 オチが最高でした!