あたまをなくしたおとこ

あたまをなくしたおとこ

あたまをなくしたおとこ

「あるあさ、おとこが おきたら、 あたまが なかった。」

表紙の絵と冒頭の一文だけでガッツリ本の世界に引き込まれます。 

奇想天外なストーリーと巧みな言葉あそびが楽しい!

ロバート・マックロスキーさんの描くモノクロの絵も雰囲気にピッタリです。

なくなった頭がどんな頭だったかを事細かく聴取されるシーンがあり、

自分の頭の紛失届を作ってみたくなりますよ。

大勢への読み聞かせでも盛り上がりそう!

 

それにしても、どこで頭をなくしたのか、頭がないので記憶がなく、

昨日、自分が何をしていたのか周りの人に教えてもらうって、

最悪の二日酔いで目覚めた朝に似ていなくもないな・・・。